■東京新聞杯を攻略するツボ■

Photo_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近4年すべて後傾1秒1秒以上のスローペース。17年は上がり32秒台の瞬発力勝負で、近3年の3着以内馬はすべて上がり32~33秒台をマーク。直線が長い東京コースらしく、速い上がりへの対応力は必要不可欠。

近4年すべて後傾1秒1秒以上のスローペース
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」1番手、「推定3ハロン」1位は不振ではある。前後半5傑入りが好走している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「内」、「中」の1番手が優勢。

近2年の「位置取りシート」
Photo_8
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


1~4枠が9勝、5~8枠が1勝。特に3枠&4枠が計7勝、単勝回収率100%超え、内枠有利が顕著。

過去10年の東京新聞杯の枠番別成績Photo_11

5番タワーオブロンドンは初の年長馬が相手のキャピタルSで2着。

「ハイブリッド指数」=《68》
Photo_2

NHKマイルCは不利を受けての敗戦。

レース特記=「躓く」「不利」「ゴチャ」
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デビューから8戦で3着を外したの一度だけ。

「全成績」=【4・2・1・1】

1

東京コースも得意としている。

「コース実績」=【1・1・0・1】

Photo_5

中9週でも仕上がりはよい。・

「追切指数」3位&「乗込指数」1位
Photo_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

2番インディチャンプは2連勝でオープン入り。

レース特記=「完勝」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7戦4勝の好成績。

「全成績」=【4・1・1・1】
2

3走連続して上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
Photo_9

上がりの速い決着は得意としている。

レース特記=「上が速○」
Photo_8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番レイエンダの前走は阪神の重い芝が堪えたか。

レース特記=「芝重い×」

Photo_10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、当時はポリトラック追いを導入して、人気を裏切るレースが多発していた。

「追切コース」=南P
Photo_7
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「厩舎成績一覧」

5戦3勝と底を見せていない。

「全成績」=【3・1・0・1】
3

「ハイブリッド指数」的には上積みが見込める。

「ハイブリッド指数」=《64》
Photo_12

10番ロジクライは富士Sがハイレベル。

「ハイブリッド指数」=《74》
Photo_13

マイルCSは上がりの速い決着に対応できなかったか。

レース特記=「上が速×」
Photo_14
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは2戦2勝と好相性。

「コース実績」=【2・0・0・0】
Photo_15
2セルに該当しており、脚質に自在性がある。

「3走以内の通過順」
Photo_8
→PDF版はコチラから

1番サトノアレスは安田記念で4着と健闘。

「ハイブリッド指数」=《74》
Photo_16

阪神Cは折り合いを欠いたのが影響。

レース特記=「掛り気味」

Photo_17
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スタートが悪いのは仕方がない。

レース特記=「スタ悪い」
Photo_18
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番レッドオルガは上がりの速い決着は得意。

レース特記=「上が速○」
Photo_19
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは向いている。

「コース実績」=【2・0・2・0】
Photo_20


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_33

<東京11R東京新聞杯の結果>
1着.2番インディチャンプ (1人気)
2着.6番レッドオルガ   (6人気)
3着.1番サトノアレス   (4人気)