■東海Sを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で4角1番手が3勝、勝ち馬はすべて4角6番手以内。そのうえ、上がりも5位以内をマークしている。

勝ち馬は4角6番手以内→上がり5位以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が3着以内。他2年も「ハイブリッド指数」2番手は3着以内に好走。1人気が5勝をあげている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には勝ち馬は「内」めの1番手から。

近2年の「位置取りシート」
Photo_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


4番インティは未勝利戦から5連勝中。

「ハイブリッド指数」=《71》
Photo_2

「インスタグラム」に書いた通り、観月橋Sの勝ち時計は良&稍重馬場では過去3年でもっとも速い。

京都ダート1800mの勝ち時計ランキング
Photo_32
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

すべて4角2番手以内→上がり最速をマークして0秒7差以上。

4角2番手以内→上がり最速
Photo_3

折り合い面がカギとなるので、単騎逃げが理想。

レース特記=「掛り気味」
Photo_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、武豊騎手は人気馬で逃げればほぼ馬券圏内。

武豊騎手+4角1番手
Photo_6
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

中京ダート1800mの勝率はもっとも高い。

騎手1位=武豊騎手
2_2
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」特別レース版

3番チュウワウィザードは一戦ごとに地力を強化。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
Photo_5

デビューから3着を外していない。

「全成績」=【4・1・2・0】
1

レースセンスがよいので、初めての中京コースは問題ないはず。

レース特記=「立回り○」
Photo_7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番アンジュデジールは近2走がハイレベルな内容。牡馬相手でも通用する。

「ハイブリッド指数」=《73》
Photo_8

横山典騎手次第ではあるが、先手を奪えるダッシュ力はある。

「推定前半3ハロン」1位=7番アンジュデジール
C11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

5番スマハマは青竜Sのレベルが高い。

「ハイブリッド指数」=《65》
Photo_9

キャリア5戦と底を見せていない。

「全成績」=【3・1・0・1】
2

逃げても、控えてもレースができる。

"逃げ""3・4角3以内""4角8以内"に該当
Photo_3
→PDF版はコチラから

1番グレンツェントはメンバー中で唯一、社台系からの放牧帰り。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


ミナリク騎手、加藤征厩舎は複勝率が50%と高い。

「騎手×厩舎成績」
Photo_4
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」特別レース版

「インスタグラム」に書いた通り、京都ダート1800mは4角4番手以内が計43勝、全体の77%を占める。直線に急坂があるとはいえ、前有利なコースではある。

中京ダート1800mの勝ち馬の4角通過順(2018年)1800
「インスタグラム」より


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_29

<中京11R東海ステークスの結果>
1着.4番インティ     (1人気)
2着.3番チュウワウィザード(2人気)
3着.5番スマハマ     (4人気)