■シルクロードSを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の4頭が4角3番手以内。今年は時計の掛かる馬場ではあるが、例年は時計が早くて先行勢が優勢。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角3番手以内
Photo_15
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近9年で「ハイブリッド指数」1番手が5勝、3着以内が8回。勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」4番手以内。「推定前半3ハロン」1位は6頭が3着以内。「推定後半3ハロン」1位も4勝をあげており、「推定3ハロン」1位同士のワン・ツーが3回もある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番ダノンスマッシュは京阪杯を完勝。

レース特記=「完勝」
Photo_16
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」=《70》
Photo_17

1200mでは底を見せていない。

「距離実績」=【2・1・0・0】
1

「インスタグラム」に書いた通り、京都の内回り1200mは典型的な内枠有利コース。2番枠を引けたのは大きい。

過去10年のシルクロードSの枠番別成績
Photo_11

10番ラブカンプーはスプリンターズSで2着は優秀。

「ハイブリッド指数」=《72》
Photo_19

1200mでは8戦すべて好走している。

「距離実績」=【2・5・1・0】
2

ダッシュ力の速さが最大の持ち味。

レース特記=「ダッシ○」「先行力○」
Photo_21
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16番アンヴァルの近走は好パフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《70》前後
Photo_22

渋った馬場も問題ない。

馬特記=「渋馬場○」
Photo_23
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

外枠を引いたのがどうか。

「馬番別連対率」=《9%》
3

13番ダイメイプリンセスは近走は本格化している。

「ハイブリッド指数」=《72》
Photo_24

スタートが悪いのは想定しておきたい。

レース特記=「スタ悪い」
Photo_25
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

17番アレスバローズは北九州記念が好内容。

「ハイブリッド指数」=《73》

Photo_26

京都では結果が出ていない。

「コース実績」=【0・0・0・5】
Photo_27

14番セイウンコウセイは京都コースは相性がよい。

「コース実績」=【2・2・0・2】
Photo_28

ただし、58キロのトップハンデでは勝ち切るまでは厳しいはず。

トップハンデ=赤色で表示
4

1番ナインテイルズは京阪杯、淀短距離Sで好走。

「ハイブリッド指数」=《69》
Photo_30

「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」にある通り、騎手、厩舎、種牡馬の3条件が揃っている。

「騎手=◎、厩舎=○、種牡馬=◎」
Photo_3
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

9番ペイシャフェリシタは年齢的な衰えはない。

「追切指数」3位&「乗込指数」3位
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「インスタグラム」に書いた通り、三浦皇成騎手は11勝でリーディング5位。芝では先週までの中山とは一変している。

三浦騎手の芝の成績
Photo_5
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

スプリンターズS、京阪杯組の上位争いハイレベルな争い。

「基準ハイブリッド指数」超えが6頭
Photo_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

20190128_234955

<京都11Rシルクロードステークスの結果>
1着.2番ダノンスマッシュ (1人気)
2着.8番エスティタート  (11人気)
3着.18番ティーハーフ   (12人気)