■日経新春杯を攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が3勝。全場&全距離の中でも、最も上がり順位が結果に直結しやすい舞台のひとつ。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近9年の勝ち馬の6頭が「推定後半3ハロン」2位以内。「推定後半3ハロン」1位は3勝、2着2回。「推定後半3ハロン」3位以内の2頭が3着以内に入るケースが多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_5
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には1番手の「+」中心で、四隅有利。

近2年の「位置取りシート」
1_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


「インスタグラム」に書いた通り、芝は10レースあって、「上がり最速馬」が5勝、3着以内が9頭と圧倒している。

先週の開幕週の京都開催の馬場傾向Photo_46
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

2番グローリーヴェイズは菊花賞で上がり最速タイをマーク。

上がり最速タイをマーク
1_3

時計、上がりの速い決着は得意。

馬特記&レース特記=「時計速○」「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアは浅く、上積みは大きい。

「全成績」=【2・2・0・2】
2_2

「推定後半3ハロン」1位。年長馬が相手でも通用する。

「推定後半3ハロン」1位=2番グローリーヴェイズ
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

今回も「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
1_3
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


「インスタグラム」
に書いた通り、過去10年で1枠が最多の3勝をあげている。

過去10年の枠番別成績
Photo_4

12番メイショウテッコンは菊花賞で瞬発力勝負に対応できず。

レース特記=「上が速×」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

神戸新聞杯の「ハイブリッド指数」は《68》と高い。

「ハイブリッド指数」=《68》

3_3

距離短縮は好材料。

「距離実績」=【1・0・1・0】
2

「インスタグラム」に書いた通り、武豊騎手は今年からルメール騎手、浜中俊騎手と同じエージェントに変わった効果が如実に表れているか。

先週の武豊騎手の成績

Photo_47
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

京都外回り2400mの勝率はもっとも高い。

「騎手=◎」
5
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

16番ムイトオブリガードは近4走で上がり最速を3回マーク。

近4走で上がり最速が3回
5_2

アルゼンチン共和国杯で上がりの速い決着に対応できたのは大きい。

レースラップのラスト3ハロンすべて11秒台前半
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番アフリカンゴールドの菊花賞は折り合いが敗因。

レース特記=「掛り気味」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2400mは2戦2勝と得意としている。

「距離実績」=【2・0・0・0】
3

「ハイブリッド指数」的には上積みは必要。

「ハイブリッド指数」=《62》

7_2

「インスタグラム」に書いた通り、ミナリク騎手は先週まで芝では30連敗中、近24戦は3着以内がないのがどうか。

騎手リーディング
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

10番ルックトゥワイスはグレイトフルSを圧勝。

「ハイブリッド指数」=《67》

8_2

ステイゴールド産駒で上がり、時計の掛かる決着は得意。

レース特記=「時計掛○」「上が掛○」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて上がり3位以内をマークしている。

すべて上がり3位以内
8_3

相手なりに走れるタイプ。

「全成績」=【5・6・1・3】
9_2

7番ガンコは近走は先行力を欠いている。

レース特記=「スタ悪い」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

しかしながら、着順ほどパフォーマンスは悪くない。

「ハイブリッド指数」=《69》
10

藤岡佑騎手、松元茂厩舎のコンビは好成績。

「騎手×厩舎成績」
2_2
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


8番ウインテンダネスは重賞でも善戦。

「ハイブリッド指数」=《68》

12

時計、上がりの速い決着がどうか。

馬特記&レース特記=「時計速×」「上が速×」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番シュペルミエールは長期休養明け前には重賞級のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《66》
13

3着を外したのは菊花賞だけ。重賞でも通用してよい。

「全成績」=【5・2・3・1】
11

出遅れは想定しておきたい。

「出遅れ率」=《55%》
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「インスタグラム」に書いた通り、京都の芝は差し馬が優勢。「推定後半3ハロン」重視で考えたい。

先週の開幕週の京都開催の馬場傾向Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_33

<京都11R日経新春杯の結果>
1着.2番グローリーヴェイズ(1人気)
2着.10番ルックトゥワイス (5人気)
3着.5番シュペルミエール (3人気)