■中山金杯を攻略するツボ■

2019年、明けましておめでとうございます。今年の元旦は昨年と同様、御節料理、お宮参り、gackt様。いつも通りが一番。

御節料理
Photo

初詣
Photo_3

芸能人格付けチェック
Photo_4


そして、1月2~4日は【マキシマム競馬新聞】で園田競馬へ参戦して、27レース中、14レースが的中、的中率は50%超え。

1月2日
0102

1月3日

0103

1月4日
0104_2

1月6日(日)は高知のナイター競馬あり。是非、挑戦してみて下さいマセ。

地方競馬のスケジュール
Photo


さて、JRAは両金杯からスタート。

Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

14年こそ前半3ハロンの方が1秒5も速い前傾ラップとなったが、その他の4年はペースが上がっていない。好位から抜け出すのが最も好走しているパターン。

過去5年でスローペースが4回
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近9年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝。前後半5傑入りの5頭が3着以内。ハンデ戦とはいえ、54キロ以下は1連対のみ。人気薄の軽ハンデ馬の前残りは少ない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

15番ステイフーリッシュはチャレンジCで3着。

「ハイブリッド指数」=《68》

2_3

中山の重い芝は向いている。

レース特記=「芝重い○」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000mに実績がある。

「距離実績」=【1・0・2・0】

2_4

藤岡佑介騎手×矢作厩舎のコンビで初陣を飾れるか。

「騎手×厩舎成績」
4_2
→土曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


6番エアアンセムの福島記念は前傾2秒2のハイペースを先行して3着。

前後半34秒4-36秒6(前傾2秒2のハイペース)

5_2

近3走すべて「ハイブリッド指数」=《68》と安定。

「ハイブリッド指数」=《68》
6_2

立回りが巧くて、レースセンスがよい。

レース特記=「R振スム」「立回り○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番マウントゴールドは「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
8

武豊騎手とは好相性。

レース特記=「R振スム」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

脚質に自在性があるのは強み。

「3走以内の通過順」の"逃げ""3・4角3以内"の2セルに該当
Photo_7
→PDF版はコチラから

3番コズミックフォースは昨秋は成長が感じられず。

「ハイブリッド指数」=《50》台
1_5

距離短縮で活路を見出したい。

「距離実績」=【2・1・1・0】
1_3

11番ウインブライトは秋2走は大敗も、パフォーマンスは高い。

「ハイブリッド指数」=《69》
3_3

時計の掛かる中山も向いている。

馬特記&レース特記=「時計掛○」「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、トップハンデの割り引きは必要。

トップハンデ=赤色で表示
2_3

逆に1番タニノフランケルが最軽量。

最軽量=水色で表示
3_2

「ハイブリッド指数」を何処まで伸ばせるか。

「ハイブリッド指数」=《61》
6_3

2番アドマイヤリードはディセンバーSで牡馬相手に久々の勝利。

「ハイブリッド指数」=《70》
7_2

距離延長が課題ではある。

レース特記=「距離長」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番タイムフライヤーの菊花賞は瞬発力勝負で6着。

レースラップのラスト2ハロン=10秒7-11秒3

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には《67》と上々。

「ハイブリッド指数」=《67》
7

山元トレセンへの短期放牧で前進が期待できる。

「山元トレセン」からの放牧帰り
Photo_5
「JRDV.sp」ブログより

「インスタグラム」に書いた通り、昨年の開幕週は芝14レースで8枠が0勝。内枠有利、差し馬優勢で考えたい。

昨年の開幕週の枠番別成績
Photo_2

「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_34

<中山11R中山金杯の結果>
1着.11番ウインブライト  (3人気)
2着.15番ステイフーリッシュ(7人気)
3着.1番タニノフランケル (9人気)