■フェアリーSを攻略するツボ■

Photo_41
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は35秒6-35秒5のイーブンペース。「4角先頭馬」は2勝。人気薄の逃げ&先行馬に注意したい。

過去5年で「4角先頭馬」が2勝
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」4番手以内の好走は多いが、ノーマークも多数、3着以内に入っている。以前は内枠の好走が多かったが、 近2年は7枠、8枠が勝利している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_6
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「インスタグラム」に書いた通り、中山の芝は先週からA→Cコースへ変更。馬場の内の傷みはカバーされていると発表されているが、実際には馬場の外目の方が伸びている印象は受ける

先週の枠番別成績
Photo_44
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

6番レーヴドカナロアは初戦でアルママに勝利。

「ハイブリッド指数」=《41》

Photo_2

ファンタジーSからの距離延長で前進が期待できる。

レース特記=「距離短」
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番アクアミラビリスは新馬戦で上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク
Photo_4

高い瞬発力を感じる。

レースラップのラスト2ハロン10秒6-11秒1
Photo_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16番アマーティのサウジアラビアRCは500万条件程度のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《47》
Photo_6

折り合い面の課題は残るので、大外枠は微妙。

レース特記=「行たがる」
Photo_7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番アゴベイはつわぶき賞で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
Photo_8

レースぶりに幼さが残るのが課題。

レース特記=「内側斜行」「スタ悪い」「追頭上る」
Photo_9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番エフティイーリスは2戦目を順当勝ち。

「ハイブリッド指数」=《40》
Photo_10

まだ余力が伺える内容。

レースラップのラスト2ハロン11秒台前半
Photo_11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

短期放牧を挟んで、成長が見込める。

「馬名太字」(=放牧先と好相性)
1
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


1番フィリアプーラは2戦目の未勝利戦が上々。

「ハイブリッド指数」=《46》
Photo_12

上がりが速くても、遅くても対応できる。

レース特記=「上が掛○」「上が速○」
Photo_13
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦ともに上がり最速をマークしている。

2戦ともに上がり最速をマーク
Photo_14

8番ホウオウカトリーヌは黒松賞は前半33秒7のハイラップ。

前半3ハロン33秒7
Photo_15

中山コースは3戦2勝、2着1回と好相性。

「コース実績」=【2・1・0・0】
Photo_16

距離延長を克服する可能性にかけてみる手はあるか。

「推定前半3ハロン」1位=ホウオウカトリーヌ
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

12番チビラーサンは「推定後半3ハロン」上位。田辺騎手はM.デムーロ騎手に次いで中山1600mの勝率が高い。

「騎手=○」
Photo_45
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

20190114_230951

<中山11Rフェアリーステークスの結果>
1着.1番フィリアプーラ  (3人気)
2着.8番ホウオウカトリーヌ(4人気)
3着.13番グレイスアン   (5人気)