■愛知杯を攻略するツボ■

Photo_31
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

16年、17年は「上がり最速馬」が2連勝。実績上位の差し&追い込み勢がやや優勢となっている。

16年、17年は「上がり最速馬」が勝利
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

中京リニューアル後の近6回、「ハイブリッド指数」1番手が2勝。ノーマークの3着以内も多い。ハンデ戦らしい波乱度の高いレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には2年連続して、「大外」1番手→「最内」2番手で決着している。

近2年の「位置取りシート」
2_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


11番ノームコアはエリザベス女王杯は外々を回るロスの多いレース。

レース特記=「道中外々」
Photo_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それでも初めての年長馬が相手に5着なら悪くない。

「ハイブリッド指数」=《67》
Photo_3

紫苑Sのラップが優秀。

レースラップのラスト2ハロン11秒5-11秒2
Photo_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアは浅く、まだ上を目指せる。

「全成績」=【3・0・2・1】
1

1番レッドジェノヴァはエリザベス女王杯で出遅れながらも4着。

レース特記=「スタ悪い」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

牡馬相手の京都大賞典で2着が優秀。

「ハイブリッド指数」=《72》
Photo_7

上がりが掛かる中京コースも問題ない。

馬特記=「上が掛○」
Photo_8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ウラヌスチャームは上がりの速い決着で2連勝。

レース特記=「上が速○」
Photo_9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には上積みが必要ではある。

「ハイブリッド指数」=《63》

Photo_10

8番ランドネはマイペースで逃げ切り勝ち。

前後半36.6秒-34.1秒(後傾2.5秒のスローペース)
Photo_11

展開が向いて何処まで。

馬特記&レース特記=「ダッシ○」「ハナ条件」
Photo_12
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番コルコバードは初G1制覇挑戦のエリザベス女王杯が上々。

「ハイブリッド指数」=《68》
Photo_13

スタミナがあるので、中京コースは向くはず。

レース特記=「時計掛○」「上が速×」

Photo_14
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「馬名太字」(=放牧先と好相性)
Photo_32
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


今年はエリザベス女王杯組が多数おり、例年よりレベルは高い。

「基準ハイブリッド指数」=《68》
Photo_33
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_34

<中京11R愛知杯の結果>
1着.5番ワンブレスアウェイ(8人気)
2着.11番ノームコア    (1人気)
3着.8番ランドネ     (4人気)