■チューリップ賞を攻略するツボ■

Photo_30
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内。速い時計&上がりへの対応力が求められる。実力がストレートに反映されやすい。

過去5年の勝ち馬は上がり2位以内
Photo_11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は計6頭が3着以内。近7年の勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」4番手以内。そして、「推定後半3ハロン」1位は計6頭が3着以内に好走している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には人気薄の「最内」か「内」のライン。

近2年の「位置取りシート」
1_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


5番ラッキーライラックは3連勝で阪神JFを制覇。一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」=《55》

Photo_12

上がりが速くても、掛かっても対応できる。

レース特記=「上が速○」「上が掛○」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。同世代の牝馬同士では瞬発力は最上位。

「推定後半3ハロン」1位=5番ラッキーライラック
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】を参考にしたい。

阪急杯の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番リリーノーブルは2連勝の後、阪神JFで0.1秒差の2着。

「ハイブリッド指数」=《53》
Photo_13

馬場が重くても、軽くても対応できる。

レース特記=「芝軽い○」「芝重い○」
Photo_7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに3位。ペースが落ち着けば、先行力が活きてくる。

「推定前半3ハロン」3位&「推定後半3ハロン」3位
1_3

4番マウレアは阪神JFで3着に健闘も、クイーンCで5着。馬体の成長が欲しい。

「馬体重」=446k(0)
Photo_14

8番シグナライズの前走は折り合いを欠いたのが敗因。

レース特記=「掛り気味」
Photo_8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

距離延長が微妙ではあるので、ルメールJの手綱さばきに期待。

該当コース騎手成績
Photo_31
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番スカーレットカラーはフェアリーSで2着に健闘。一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
Photo_16

10番サラキアは中京の新馬戦で上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク

Photo_15

レースラップのラスト2Fも11.5秒-11.5秒と上々。通用するチャンスはある。

レースラップのラスト2Fも11.5秒-11.5秒
Photo_9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、開幕週の阪神は芝9鞍で「上がり最速馬」が5勝、2着3回、3着1回、すべて3着以内に好走。

「上がり最速馬」=【5・3・1・0】
Photo_29
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

昨年のチューリップ賞では「推定後半3ハロン」上位で決着して、3連単「11120円」の万馬券。今年も「推定後半3ハロン」重視でよいはず。

チューリップ賞の「推定3ハロン」
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★3連単万馬券★
1311
3連単 111.2×500円=5万5600円
購入1万9000円 払戻5万5600円

「基準ハイブリッド指数」は5番ラッキーライラック、9番リリーノーブルの2頭が抜けて高い。頭数も少ないので、馬券の買い方がポイントとなる。

「基準ハイブリッド指数」は2頭が上位
Photo_32

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_44

<阪神11Rチューリップ賞の結果>
1着.5番ラッキーライラック(1人気)
2着.4番マウレア     (3人気)
3着.9番リリーノーブル  (2人気)