■スプリンターズSを攻略するツボ■

本日からサンスポの土曜の紙面がパワーアップ。新連載として村山先生の「放牧明け狙い打ち」がスタート。

Photo_4

土曜のシリウスSで推奨のサンライズソア(山岡TC)はキッチリ3着をキープ。"勝負気配の放牧明け"の馬を見極めます。

Photo_5
→日曜版はコチラから
*見方はコチラから


「推定3ハロン」コラムと併せて、お読み頂ければ幸いです。

Photo_6


さて、秋一発目のG1・スプリンターズSを分析。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「4角先頭馬」は3頭も馬券絡み。ただし、勝ち馬はすべて4角5番手以降から、上がり33秒台をマークして差し切っている。

4角5番手以降→上がり33秒台をマーク
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「推定後半3ハロン」1位が3勝、2着1回。勝ち馬の4頭が「推定後半3ハロン」2位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的にも近年は「中」~「大外」の好走が多い。

近2年の「位置取りシート」
Photo_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


「インスタグラム」に書いた通り、先週は準オープンのセプテンバーSが1分7秒0の好時計決着。週末の雨予報の影響がどうか。

準オープンで1分7秒0
1200_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

8番ファインニードルは休み明けのセントウルSを58キロを背負って快勝。

「ハイブリッド指数」=《75》

3_2

渋った馬場は得意としている。

レース特記=「渋馬場○」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年は敗れているとはいえ、坂のあるコースは問題ない。

馬特記=「坂○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

余裕残りの仕上げで使ったので、良化が見込める。

レース特記=「次良気配」
Photo_2
→日曜版はコチラから
*見方はコチラから


12番ナックビーナスはキーンランドCで初重賞制覇。2着馬に0.4秒差の快勝。

前後半33.7秒-35.7秒(前傾2.0秒のハイペース)

4_2

中山コースでは7戦すべて3着以内に好走している。

「ハイブリッド指数」=《73》
5_2

10番レッツゴードンキは1200mのG1で2着が3回。

「ハイブリッド指数」=《73》
6_2

馬場が渋るのは歓迎のクチ。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mでの善戦続きに終止符を打ちたい。

「距離実績」=【0・3・2・3】
Photo_2

5番アレスバローズはCBC賞、北九州記念と重賞2連勝。

レース特記=「時計速○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

いずれも上がり33秒台をマーク。

上がり33秒台
8_2

前半32秒台のハイペースのなか、ラストまで11秒台でまとめたのは優秀。

レースラップのラスト1F11秒台
Photo_3
→日曜版はコチラから
*見方はコチラから


近2走は落ち着きが出たのが好走の要因か。

レース特記=「落着ほし」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。初G1挑戦でも末脚は通用するはず。

「推定後半3ハロン」1位=5番アレスバローズ
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「インスタグラム」に書いた通り、藤岡佑Jは昨年を既に大きく上回る56勝でリーディング8位。

リーディング8位
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

中山コースでは勝率16.7%、複勝率41.7%、乗り替わりを割り引く必要はないか。

中山のコース成績
Photo_4
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

16番レッドファルクスはラストは確実に伸びてくる。

レース特記=「終い確実」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

得意の中山で一変できるかどうか。

「コース実績」=【2・0・0・1】
9

15番ムーンクエイクは近2走は出遅れが敗因。

レース特記=「スタ悪い」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実力的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《71》
10

9番ラブカンプーは超ハイラップを刻みながら、2着に粘ったのは立派。

前後半33.3秒-35.5秒(前傾2.2秒のハイペース)
1_3

ただし、小柄な牝馬で馬体重が減らないかは不安。

「馬体重」=438k(+8)
2_5

11番セイウンコウセイは函館スプリントSをハイラップで逃げ切り勝ち。

前後半33.1秒-34.5秒(前傾1.4秒のハイペース)
3_3

上がりが掛かれば、出番があってよい。

レース特記=「上が掛○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番ワンスインナムーンは昨年は逃げ粘って3着。今年も一発の魅力は十分か。

昨年の「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」
2_2
⇒見方などの詳細はコチラから
⇒サンプルはコチラから


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_3

<中山11Rスプリンターズステークスの結果>
1着.8番ファインニードル (1人気)
2着.9番ラブカンプー   (11人気)
3着.1番ラインスピリット (13人気)