■札幌2歳Sを攻略するツボ■

Photo_30
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が3勝。洋芝の最終週で行われるため、良馬場でも上がりは35~36秒台を要する。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年の勝ち馬の6頭が「ハイブリッド指数」5番手以内に該当。初戦のレースレベルは重要。そして、「推定後半3ハロン」1位は4頭が3着以内、勝ち馬の5頭が「推定後半3ハロン」2位以内。「推定後半3ハロン」1位、2位のどちらかが馬券絡みするのがパターン。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「外」~「大外」の好走が多い。

近2年の「位置取りシート」
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


10番ウィクトーリアの新馬戦は1分48秒3の函館1800mの2歳レコード。

今年の函館の芝1800mの勝ち時計
1800
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

古馬500万下に匹敵する時計を一発でマーク。

「ハイブリッド指数」=《48》
2_3

しかも、レースラップのラスト3Fはすべて11秒台。

レースラップのラスト1ハロン11.6秒
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。高い素質を秘めている。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
1

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
Photo_31
HBビュワー(テスト中)

1番クラージュゲリエは初戦の上がり最速は上がりは2位に0.8秒差で抜けて速かったほど。

上がり位(上がり最速に0.8秒差)
3_2

しかも、レースラップのラスト2ハロンが11.3秒と速い。

レースラップのラスト2ハロンが11.3秒-11.3秒
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前残りの流れを楽々と差し切ったのは圧巻。

2着馬は逃げ馬、3着馬は先行馬
Photo_33
HBビュワー(テスト中)

「推定後半3ハロン」1位。重賞級の瞬発力を秘めている。

「推定後半3ハロン」1位=1番クラージュゲリエ
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

レースぶりは粗削りだが、素質は高い。

レース特記=「外側斜行」「大外回る」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番クリスタルバローズも初戦の「ハイブリッド指数」は《40》と高い。

「ハイブリッド指数」=《40》
4_2

ただし、前述の2頭と比べて、ラスト1ハロンは平凡。

レースラップのラスト1F11.9秒
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ラブミーファインはレースセンスがよく、どの距離にも対応できる。

レース特記=「R振スム」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、牡馬相手に上位の上がりを使うのは厳しいかもしれない。

上がり35秒台
5_2

14番ナイママはコスモス賞でJRA勢を撃破。

「ハイブリッド指数」=《47》
6_2

芝にも対応できる馬体をしている。

コスモス賞の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

5番アフランシールは初戦が0.3秒差の完勝。

レース特記=「完勝」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がり最速34.5秒は上がり2位に0.6秒差で断トツ。牡馬相手でも末脚は通用するはず。

上がり最速34.5秒(上がり最速に0.6秒差)

7_2

岩田Jは札幌1800mの成績がよい。

騎手×コース成績
Photo_34
HBビュワー(テスト中)

7番ナンヨーイザヨイは函館2歳Sで内にもたれて伸び切れず。

レース特記=「内もたれ」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前走が力負けではない。距離延長で変わり身があってよい。

「ハイブリッド指数」=《45》
8

逃げ、先行して勝った馬が多く、ペースもそれなりに速くなるはず。

逃げ&先行馬が多数
Photo_35
HBビュワー(テスト中)


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_38

<札幌11R札幌2歳ステークスの結果>
1着.3番ニシノデイジー  (6人気)
2着.14番ナイママ     (4人気)
3着.1番クラージュゲリエ (1人気)