■札幌記念を攻略するツボ■

Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で前傾ラップが4回とペースは速め。しかしながら、勝ち馬は4角6番手以内で立ち回っている。小回りコースらしく、直線一気の追い込みは決まらない。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手の6頭が3着以内。昨年の勝ち馬以外、「推定前半3ハロン」か「推定後半3ハロン」で4位以内に該当している。内枠の人気薄に注意したい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「最内」の1番手は押さえておきたい。

「最内」の1番手
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


15番モズカッチャンは年明け初戦の京都記念で4着して、ドバイシーマCで6着。

「ハイブリッド指数」=《70》
3_2

渋った馬場は得意なので、洋芝は問題ないはず。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番マカヒキは昨秋は善戦止まりだが、「ハイブリッド指数」=《70》超えはマーク。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
7_2

瞬発力が持ち味なので、力の要る洋芝は不向きか。

馬特記=「渋馬場×」「芝軽い○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

骨折休養明けだけでなく、近走の出遅れ癖も気になる。

レース特記=「スタ悪い」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番サングレーザーは安田記念で5着。右回りの方が向いている。

レース特記=「左回り×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

時計、上がりの掛かる洋芝がどうか。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ネオリアリズムは一昨年の覇者で、札幌コースは3戦3勝。

「コース実績」=【3・0・0・0】

8_2

折り合い面が課題。

レース特記=「行たがる」「折合×」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンF空港からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンF空港」からの放牧帰り
Photo_6
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


4番マイスタイルは2走連続して逃げ切り勝ち。今回は同型が多い。

馬特記=「ハナ条件」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的にも不足気味。

「ハイブリッド指数」=《67》
1_2

9番サクラアンプルールはオープンでは10戦して、3着以内が5回。

「クラス成績」=【1・3・1・5】
3_3

上がりの掛かる舞台は向いている。

馬特記&レース特記=「上が掛○」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

年齢的な衰えも感じられない。

「ハイブリッド指数」=《70》
2_4

14番ミッキースワローはAJCCで上がり最速、大阪杯で上がり3位をマーク。

近2走は上がり3位以内
5_2

キャリアは9戦と浅く、上積みが見込める。

「全成績」=【3・1・1・4】
6_2

「推定後半3ハロン」1位。G1級に混じっても、末脚は通用する。

「推定後半3ハロン」1位=14番ミッキースワロー
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「インスタグラム」に書いた通り、今年は開幕週から上がりの速いタイプの好走が多い。馬場も味方するか。

「上がり最速馬」が好走
Photo_21
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」


→先週分の無料サンプルはコチラから




■コンビニで【ハイブリッド新聞】が購入可能■

【ハイブリッド新聞】はパソコン、携帯でのみ閲覧可能でしたが、現在は全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)でお買い求めできます。

サイトは月々1000円の会員制ですが、コンビニでは1日・1場=500円となります。重賞のみ参加される場合、1R=100円の単品販売もございます。是非、お試し下さいませ。

→プリント方法はコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_36

<札幌11R札幌記念の結果>
1着.2番サングレーザー  (2人気)
2着.5番マカヒキ     (1人気)
3着.15番モズカッチャン  (4人気)