■ローズSを攻略するツボ■

本日の中山では藤田菜七子騎手が2勝。しかも、いずれも単勝13倍台の人気薄。

Photo_4

通算39勝で女性騎手記録を更新中。明日、あさっての騎乗も注目したい。

Photo_5

地方競馬で有名なのが高知の別府真衣騎手だが、先日の9月13日に入籍、結婚を発表。お相手は同じ高知の宮川実騎手。7月に下村瑠衣騎手と佐原秀泰騎手が公開プロポーズをしたばかり。高知競馬は結婚ラッシュ。

Photo_6

その宮川実騎手は明日の1R(14時45分発走)で③トウカイアゼリアに騎乗。「MX指数」が断トツで高く、勝つ可能性大。ゴールの瞬間とともに大歓声があがる??

Photo_7
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF


さて、その1時間後には阪神メーンの「ローズS」。

Photo_8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が2勝、勝ち馬はすべて上がり2位以内をマーク。実力がストレートに反映される舞台で、本番の秋華賞に直結しやすい。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内。上位の上がりが必要不可欠な舞台。15年、17年は「社台系」、前走が500万条件が勝利しているが、基本的にはオークス実が好成績をおさめている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「内」より「外」が優勢。

近2年の「位置取りシート」
1
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


今回は差し&追い込み馬が多いメンバー構成ではある。

差し&追い込み馬が多いメンバー構成
1
→日曜分はコチラから (ハイブリッド競馬新聞会員のみ)
→ビュワーの見方はコチラから


8番サトノワルキューレはフローラSで上がり最速をマークして快勝。

上がり最速(上がり最速に0.3秒差)
Photo_2

レースラップのラスト3ハロンが11秒台を差し切った瞬発力は非凡。

レースラップのラスト3ハロンすべて11秒台
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

大トビでスタミナがあって、渋った馬場にも対応できる。

馬特記=「大トビ」
Photo_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1800mはやや短い印象は受けるが、阪神外回りコースなら大外から差し届くはず。

「推定後半3ハロン」1位=8番サトノワルキューレ
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「インスタグラム」に書いた通り、阪神の開幕週の芝は「上がり最速馬」が13戦9勝、開幕週から上がりの速いタイプが好走。

「上がり最速馬」=【9・0・2・1】
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

M.デムーロJはコース実績は十分。

騎手×コース成績
2
→日曜分はコチラから (ハイブリッド競馬新聞会員のみ)
→ビュワーの見方はコチラから


5番サラキアは青島特別を上がり最速で快勝。

上がり最速をマーク
Photo_6

レースラップからも余力が十分に感じられる。

レースラップのラスト3ハロンすべて11秒台
Photo_7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的に成長が感じられる。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
Photo_8

時計、上がりの速い決着が得意なので、馬場は渋らない方がよい。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」
Photo_9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回も後方から末脚勝負に賭ける形か。

レース特記=「スタ悪い」「アオル」
Photo_10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラストは堅実に伸びてくるタイプ。

「上がり3位内率」=《80%》
3
→日曜分はコチラから (ハイブリッド競馬新聞会員のみ)
→ビュワーの見方はコチラから


10番フィニフティはキャリア1戦で挑んだクイーンCで2着は立派。キャリア3戦なら、上積みは大きい。

「ハイブリッド指数」=《54》
Photo_11

12番ゴージャスランチは「ハイブリッド指数」的にはやや見劣る。

「ハイブリッド指数」=《55》
Photo_13

ただし、相手なりに走れる強みは大きい。

「全成績」=【2・1・4・0】
1_3

特に近走は末脚が堅実。

近走はすべて上がり3位以内をマーク
Photo_15

「インスタグラム」に書いた通り、開幕週の芝は3枠&4枠で計7勝、外枠が不利とはならない。

3枠&4枠で計7勝
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

6番オールフォーラヴはスタミナがある。

レース特記=「スタミ○」
Photo_16
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

直線が長い阪神外回りは向かない印象は受ける。

上がり3位が最高
Photo_17

7番センテリュオの前走は牝馬限定の500万条件。相手が一気に強化されるのがどうか。

「ハイブリッド指数」=《55》
Photo_22

11番トーセンブレスは桜花賞で上がり2位をマーク。

桜花賞で上がり2位
Photo_20


この馬を含めて、「社台系」の放牧帰りが多い。

「山元TC」からの放牧帰り
4

→日曜分はコチラから (ハイブリッド競馬新聞会員のみ)
→ビュワーの見方はコチラから


13番カンタービレは近走はすべて上がり35秒台。

上がり35秒台
Photo_18

時計、上がりが掛かって欲しい。

レース特記=「時計掛○」「上が掛○」「時計速×」
Photo_19

*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

同舞台はM.デムーロJより、ルメールJの方が勝率は高い。

「騎手=◎」
1_2

「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_33

<阪神11Rローズステークスの結果>
1着.13番カンタービレ   (5人気)
2着.5番サラキア     (2人気)
3着.4番ラテュロス    (13人気)