■プロキオンSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

前半3ハロンはいずれも前半34秒台と速く、過去5年すべて1.3秒以上の前傾ラップ。

過去5年すべて前傾ラップ
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

勝ち時計は1分21秒9~22秒9と速く、1分22秒台中盤の持ち時計は欲しい。

レース特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近4年で「ハイブリッド指数」1番手が4連対。昨年は「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。全体的には後半系のレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

6番インカンテーション近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え。年齢的な衰えは小さい。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
6_2

13番マテラスカイは準オープンの2戦が完勝。

レース特記=「完勝」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mなら実力は重賞級。

「ハイブリッド指数」=《68》

7

1ハロンの距離延長が大きな課題。

「距離実績」=【0・2・0・3】

Photo_3

1番サクセスエナジーは地方交流重賞を2連勝。「ハイブリッド指数」=《70》は優秀。

「ハイブリッド指数」=《70》

9

4歳馬でキャリアが浅く、伸びシロが見込める。斤量がどうかだけ。

中央の「全成績」=【4・1・0・4】

10

2番ドリームキラリは近走は逃げて好走している。同型との兼ね合いがカギ。

レース特記=「ハナ条件」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

M.デムーロJへの乗り替わりは魅力。

該当コース騎手成績
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番ウインムートは近2走は控える形で勝利しているのは収穫。

「ハイブリッド指数」=《70》
11

時計が速い決着にも対応できる。

レース特記=「時計速○」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ルグランフリソンはオープン特別のオアシスSを勝利。

「ハイブリッド指数」=《69》
11_2

折り合い面が課題なので、福永騎手に戻るのは好材料。

レース特記=「掛り気味」「掛かる」

5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番キングズガードは地方交流重賞で連続して2着。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
4_4

ゲートが遅いのは仕方ない。

レース特記=「スタ悪い」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中京コースは得意としている。

「コース実績」=【1・1・2・1】
5_4

「推定後半3ハロン」1位。今年も鋭く伸びてくるはず。

「推定後半3ハロン」1位=7番キングズガード
C11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「ハイブリッド指数」は《70》前後で混戦模様。ペース、位置取りも左右するか。

「ハイブリッド指数」的には混戦
Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

"逃げ""3・4角3以内"が4頭ずつ、ハイペース必至のメンバー構成。

"逃げ""3・4角3以内"が4頭
Photo_6
→PDF版はコチラから

→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_43

<中京11Rプロキオンステークスの結果>
1着.13番マテラスカイ   (5人気)
2着.6番インカンテーション(1人気)
3着.3番ウインムート   (2人気)