■オーシャンSを攻略するツボ■

Photo_33
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬は上がり5位以内、逃げ&先行馬が有利な1200m戦にしては珍しく、差し&追い込み馬が好走するケースが多い。

過去5年の勝ち馬は上がり5位以内
Photo_17
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近3年は「推定前半3ハロン」1位はすべて3着以内。その一方、「推定後半3ハロン」1位も3年連続して3着以内に絡んでいる。そして、前後半5傑入りの好走も目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には近年は四隅の傾向。また「中」のラインも優秀。

近2年の「位置取りシート」
Photo_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


13番ナックビーナスは近走は安定して「ハイブリッド指数」は《65》を超えている。

「ハイブリッド指数」=《65》超え
Photo_18

中山コースは6戦して3着を外していない。

「コース実績」=【2・3・1・0】
Photo_19

前後半5傑入り。先行して、上位の上がりを使える。

前後半5傑入り
1_4

15番レーヌミノルはマイルCSで4着に善戦。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
Photo_20

距離は1600m以下が向いている。

レース特記=「距離長」「距離○」
Photo
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦2勝の1200mで見直しが必要。

「距離実績」=【2・0・0・0】
Photo_21

4番ビップライブリーは相手なりに走れるタイプ。

「全成績」=【5・7・1・6】
Photo_22

立ち回りが巧いので、内枠が理想。

レース特記=「内枠○」
Photo_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、戸崎騎手は2月12日の東京での勝利から、41戦も未勝利。その間、1番人気が8回、2着+3着が計15回。今週は久々の勝利なるか。

41戦、未勝利
Photo_28
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

16番ロードクエストはダッシュ力が速くない点が微妙。

レース特記=「ダッシ×」「スタ悪い」
Photo_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それでも展開がハマれば、突き抜ける脚はある。

近3走すべて上がり33秒台
Photo_24

10番ダイメイフジは斑鳩Sを勝ってオープン入り。

「ハイブリッド指数」=《67》
Photo_26

1200mへの距離短縮は好材料。

「距離実績」=【2・2・0・0】
Photo_27

デムーロJは中山1200mの成績が非常によい。

該当コース騎手成績
Photo_36
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

11番スノードラゴンは芝でもダートでも中山は得意としている。

馬特記&レース特記=「中山向き」
Photo_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ネロは京阪杯を逃げ切って連覇を達成。

「ハイブリッド指数」=《70》
Photo_23

相変わらず、「追切指数」、「乗込指数」は高い。

「追切指数」1位&「乗込指数」1位
Photo_34
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

ダッシュ力の速さが最大の武器。

馬特記=「スピ有り」
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」1位。再度の逃げ切りが一考できる。

「推定前半3ハロン」1位=9番ネロ
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「阪神の開幕週を攻略せよ」に書いたとおり、中山の開催前半は阪神ほどではないにせよ、「推定前半3ハロン」1位が単勝回収率100%超え。中山記念のマルターズアポジー同様、人気薄の逃げ馬には注意が必要。

開催前半は「推定前半3ハロン」1位が単勝回収率112%
1
【データパックの分析画面

「ハイブリッド指数」は《60》台後半で混戦。ペース次第で大きく変わるはず。

「基準ハイブリッド指数」=《68》
Photo_35
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_48

<中山11Rオーシャンステークスの結果>
1着.7番キングハート   (10人気)
2着.13番ナックビーナス  (2人気)
3着.10番ダイメイフジ   (1人気)