■新潟2歳Sを攻略するツボ■

Photo_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去4年の勝ち馬はすべて上がり2位以内。昨年は4角1番手&2番手で決着したとはいえ、圧倒的に差し&追い込み馬が優勢のレース。

過去4年の勝ち馬は上がり2位以内
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2歳重賞にも関わらず、勝ち馬の上がりは32~33秒台前半と速い。13年ハープスター(1着)&イスラボニータ(2着)、15年ロードクエスト(1着)が3歳GⅠで連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「外」「大外」の好走が多い。

近2年の「位置取りシート」
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


「基準ハイブリッド指数」超えがおらず、レベルは高くない。

「基準ハイブリッド指数」超えはゼロ
Photo_12
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

6番ケイデンスコールは2戦目で順当勝ち。

「ハイブリッド指数」=《40》
2_3

2戦ともにレースラップのラスト1Fは11秒台と速い。

レースラップのラスト1F=11秒台
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。重賞級の末脚を秘めているはず。

「推定後半3ハロン」1位
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

レースセンスがよいので、乗り替わりも問題ないだろう。

レース特記=「R振スム」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

石橋脩J×安田隆厩舎のコンビは複勝率50%と高い。

石橋脩J×安田隆厩舎
Photo_10
HBビュワー(テスト中)

4番エイシンゾーンは中京2歳Sで2着。

「ハイブリッド指数」=《43》
3_2

テンションが高いので、長距離輸送の克服がカギ。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「3走以内の通過順」で唯一、2セルに該当。脚質の自在性は武器。

"逃げ""4角8以内"に該当
Photo_13
→PDF版はコチラから

9番アンブロークンは初戦のレースラップのラスト1Fが12秒台。

レースラップのラスト1F=12.1秒
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりが掛かった方がよく、馬場が渋るのは歓迎のクチ。

レース特記=「荒馬場○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ロードアクアはレースラップのラスト1Fは11秒台と速い。

レースラップのラスト1F=11.6秒台
5

「ハイブリッド指数」も《39》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《39》
4_4

3頭出しのロードカナロア産駒が新潟1600mの勝率が断トツで高い。

「種牡馬=◎」
1
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

2番エルモンストロは初戦が1分34秒台の好時計勝ち。

「ハイブリッド指数」=《40》
5_2

レースラップのラスト3Fすべて11秒台は優秀。

レースラップのラスト3F=11秒台
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番エイカイキャロルの初戦は上位が大接戦。

「ハイブリッド指数」=《36》

6_2

展開にも恵まれた印象。

前後半37.9秒-33.5秒(後傾4.4秒のスローペース)

6_3

11番ジョディーの初戦の2着馬ウインゼノビアは次走の未勝利、クローバー賞を連勝。6月の時点で「ハイブリッド指数」=《38》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《38》

7_2

レースラップのラスト3ハロンが11.5秒-11.4秒-11.3秒は非常に優秀。単にスピードだけで押し切った訳ではない。

レースラップのラスト3ハロン=11.5秒-11.4秒-11.3秒

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」、「乗込指数」ともに高く、仕上がりは良好。

「追切指数」2位&「乗込指数」3位
Photo_11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで成長が見込める。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
Photo_14
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中



キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_49

<新潟11R新潟2歳ステークスの結果>
1着.6番ケイデンスコール (1人気)
2着.9番アンブロークン  (2人気)
3着.8番スティルネス   (8人気)