■武蔵野Sを攻略するツボ■

Photo_40
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

⇒過去5年のエリザベス女王杯の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


過去5年すべて前傾ラップ。連対馬はすべて上がり5位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は4連対。「ハイブリッド指数」ノーマークは3連対のみ。16年は1分33秒台で決着するなど、高速決着への対応力も必要となる。チャンピオンズCへはあまり直結していない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_30
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

4番サンライズノヴァは近4走すべて上がり最速をマーク。しかも、ズバ抜けて速い。

上がり最速をマーク
Photo_2

グリーンチャンネルCの「ハイブリッド指数」は《74》と高い。

「ハイブリッド指数」=《74》
Photo_3

今回のメンバー5頭中、最先着を果たしている。

①赤囲みをクリック
2_3

②対戦成績が表示
21
→土曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2

16番インカンテーションはフェブラリーSで4番サンライズノヴァに先着。

「ハイブリッド指数」=《74》
Photo_4

東京コースは得意としている。

「コース実績」=【1・1・1・2】
Photo_5

15番ウェスタールンドはシリウスSで断トツの上がりをマーク。

上がり最速(上がり2位に0.8秒差)
Photo_7

1着、3着馬はJBCクラシックでも好走している。

上位3頭のコーナー通過順など
1_3
→土曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2

ダートでは底を見せていない。

「ダート成績」=【2・1・0・0】
Photo_41

「推定後半3ハロン」は4番サンライズノヴァに次いで速い。

「後半」の緑ボタンをクリック
2_5
→土曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2

「インスタグラム」に書いた通り、オドノヒュー騎手はアルゼンチン共和国杯では3番人気のパフォーマプロミスで勝利。やはり重賞では外国人騎手は勝負強い。

先週のオドノヒュー騎手の成績
Photo_44
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

10番ナムラミラクルはオープン特別で2走連続して2着。

「ハイブリッド指数」=《68》

Photo_9

グリーンチャンネルCは前半34秒台のハイラップを刻みながらの2着。

前後半34.7秒-36.9秒(前傾2.2秒のハイペース)
Photo_10

距離延長は好材料。

「距離実績」=【2・1・0・0】
1_2

ルメール騎手、杉山厩舎、スパイキュール産駒ともに東京1600mで好成績。

「騎手=◎、厩舎=○、種牡馬=○」
Photo_35
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

11番グレンツェントは地方交流G1でも善戦。

「ハイブリッド指数」=《71》
Photo_12

東京コースに替わるのは好材料。

「コース実績」=【1・0・1・
Photo_13

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで休養明けでも走れる下地はある。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
Photo_42
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


今年は逃げ馬が不在のメンバー構成。ペースもそれほど速くならないか。

各馬の脚質一覧
3_3

→土曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2

前後半5傑入りの10番ナムラミラクルの先行粘り込みを警戒したい。

前後半5傑入り=10番ナムラミラクル
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」


⇒過去5年のエリザベス女王杯の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

結果は → 成績新聞

Photo_32

<東京11R武蔵野ステークスの結果>
1着.4番サンライズノヴァ (1人気)
2着.3番クインズサターン (7人気)
3着.10番ナムラミラクル  (2人気)