■京都記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて上がり4位以内をマーク。京都外回り2400mほどではないにせよ、全コースの中で最も上がり順位が結果に直結しやすい舞台のひとつ。

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「位置取りシート」的には勝ち馬は1番手内目から。人気薄が勝つ時は2番手以降の「最内・大外」ラインの四隅系。特に近年だと「最内」ラインはカナリ恵まれている。また「後3F地点」1列目も勝ち馬が出やすいゾーン。1番手から2頭は圏内。人気と合わせて考えるとソコソコ絞れるはず。

近2年の「位置取りシート」
1
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


6番レイデオロはジャパンCで上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
3_2

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《76》
4_2

返し馬を先入れして、テンションが上がらない工夫がなされている。

馬特記=「返馬先入」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レースセンスがよいので、乗り替わりも問題ないはず。今年初戦を白星で飾るか。

馬特記=「R振スム」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

東京新聞杯の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

5番モズカッチャンはエリザベス女王杯で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《70》
5_2

今回も得意の京都で戦えるのはよい。

「コース実績」=【1・0・2・0】
6_2

立ち回りが巧いので、内枠を引けたのは大きい。

レース特記=「内枠○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

鞍上がM.デムーロJなら、逆転は考えておきたい。

該当コース騎手成績
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

10番アルアインは秋2走は「ハイブリッド指数」=《60》と低迷しているが、菊花賞は道悪の3000mでバテたのは仕方ない面はある。

「ハイブリッド指数」=《60》
7_2

ディープ産駒だから、京都の軽い芝は向くはず。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番クロコスミアは5歳秋にして本格化。

「ハイブリッド指数」=《72》
8

ダッシュ力の速さ、スタミナが持ち味。

レース特記=「ダッシ○」「スタミ○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番クリンチャーは菊花賞ではスタミナ勝負で強さを発揮。

レース特記=「渋馬場○」「スタミ○」「時計掛○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

馬体が絞れたのも好走の要因。大幅に馬体重が増えていないかは注意したい。

前回の休み明けの「馬体重」=526k(+10)
11

3番ディアドラは近走はすべて上がり3位以内をマーク。

近走はすべて上がり3位以内
9

上がりが掛かって欲しいタイプ。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」「上が速×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りでデキは戻っているはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
1
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


休み明けは苦にならない。

「休み明け成績」=【2・0・0・0】
10

例年は「ハイブリッド指数」3番手以内の2頭が馬券絡みするのが基本パターン。京都外回り2200mは「推定後半3ハロン」重視だが、「推定前半3ハロン」上位の前残りも多い。そして、騎手、厩舎はリーディング上位に偏っている。4歳馬&5歳馬が圧倒しているのも特徴。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面


「推定後半3ハロン」1位の6番レイデオロが中心。単勝1倍台だから、馬単&3連単の「1着固定」はハイリスク=ローリターン。券種選択がカギを握る。

「推定後半3ハロン」1位=6番レイデオロ
K11

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_54

<京都11R京都記念の結果>
1着.4番クリンチャー   (4人気)
2着.10番アルアイン    (3人気)
3着.6番レイデオロ    (1人気)