■共同通信杯を攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

16年ディーマジェスティ、17年スワーヴリチャードと2年連続して「上がり最速馬」が差し切り勝ち。過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は3勝、2着3回と計6連対。14年イスラボニータ(1着)、15年ドゥラメンテ(1着)、16年ディーマジェスティ(1着)と皐月賞馬&ダービー馬を計3頭も輩出している。例年、約10頭と頭数こそ少ないが、近年では一、二を争う出生レースとなっている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には勝ち馬は「中」より内目。「外」以降だと激走馬のような人気薄を積極的に買いで、人気馬は下げ。基本勝ち馬は3番人気以内なので、「中」より内目の人気馬から選択になる。

近2年の「位置取りシート」
2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


12番グレイルは京都2歳Sでタイムフライヤーとの競り合いを制して勝利。

「ハイブリッド指数」=《52》
Photo_2

馬場が重くても、軽くても対応できる。

レース特記=「渋馬場○」「芝軽い○」
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」、「乗込指数」ともに高く、仕上がりはよい。

「追切指数」2位&「乗込指数」2位
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定後半3ハロン」1位。3連勝でクラシックへ繋げるか。

「推定後半3ハロン」1位=12番グレイル
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「推定後半3ハロン」2位は9番ステイフーリッシュ。ホープフルSで勝ち馬タイムフライヤーに次ぐ上がり2位をマーク。

上がり2位
Photo_4

勝負所でモタつくので、東京は向くはず。

レース特記=「勝負モタ」
Photo_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番サトノソルタスは初戦は不良馬場で勝利。

レースラップのラスト1F秒12.5秒
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には上積みが必要ではある。

「ハイブリッド指数」=《37》
Photo_7

鞍上が強力ではある。

該当コース騎手成績
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

馬体的に通用するかどうか。【直前情報】も参考にしたい。

東京新聞杯の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

10番ゴーフォザサミットは2戦目の未勝利、百日草特別で上がり最速をマークして勝利。

近2走は上がり最速をマーク
Photo_8

東京向きの瞬発力がある。

レースラップのラスト2F11.1秒-11.6秒
Photo_9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」だけでなく、「推定前半3ハロン」も上位に該当している。

前後半5傑入り
1_2

2番カフジバンガードはこうやまき賞できさらぎ賞の2着馬グローリーヴェイズに勝利。ただし、展開が向いた面はある。

前後半39.0秒-33.7秒(後傾5.3秒のスローペース)
Photo_10

「ハイブリッド指数」的には伸びしろは小さい。

「ハイブリッド指数」=《48》
Photo_11

6番オウケンムーンは新馬戦は出遅れて、脚を余しての敗戦。

レース特記=「スタ悪い」「直余力有」
Photo_14
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2走続けて上がり最速をマーク。「ハイブリッド指数」的には伸びシロは大きい。

2走続けて上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《48

Photo_15

3走すべて上がり最速をマーク。

3走すべて上がり最速をマーク
Photo_12

初戦の新潟で敗れているとおり、時計&上がりは掛かって欲しいタイプ。

レース特記=「時計掛○」
Photo_13

*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_58

<東京11R共同通信杯の結果>
1着.6番オウケンムーン  (6人気)
2着.1番サトノソルタス  (3人気)
3着.4番エイムアンドエンド(10人気)