■京成杯AHを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去6年で「推定後半3ハロン」1位が4勝。特に近年は開催前にエアレーション作業を実施している影響か、開幕週でも上がりの速いタイプが好走が多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「インスタグラム」に書いた通り、昨年の同開催の1600m戦は17レースあって、8枠はわずかに1勝。京成杯AHに限っては内枠有利か。

中山1600mは17レースで8枠は1勝
Photo_38
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

2番ロジクライは中京記念でハイレベルな2着。

「ハイブリッド指数」=《70》
Photo_15

追い込み有利な流れを粘り込んだ内容は濃い。

1着~3着馬のコーナー通過順位
Photo_7
→明日のHBビュワーはコチラから(ハイブリッド会員)
*見方はコチラから

飛ばし過ぎたマイラーズCの巻き返しを達成。

前半33.9秒
Photo_16

時計の速い決着は得意だから、開幕週の絶好馬場は向いている。

レース特記=「時計速○」
Photo_17
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5歳でもキャリアは浅い。

「全成績」=【4・2・1・4】
4

10番ミッキーグローリーは長期休養明けの5走前以外はすべて3着以内。

「全成績」=【2・1・1・1】
Photo_19

初重賞挑戦でも即通用する。

「ハイブリッド指数」=《68》
Photo_20

脚質の自在性は武器となる。

"3・4角3以内""4角8以内"の2セルに該当
Photo_6
→PDF版はコチラから

国枝栄厩舎×ルメールJのコンビは複勝率67.2%と高い。

厩舎・騎手成績
1_2
→明日のHBビュワーはコチラから(ハイブリッド会員)
*見方はコチラから

あとは時計勝負への対応力がどうか。

レース特記=「時計掛○」
Photo_21
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番ワントゥワンは不利のあった中京記念5着から、関屋記念で巻き返して2着。

レース特記=「直線挟る」
Photo_22
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近2走ともに上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
Photo_23

前走後も順調に乗り込めている。

「乗込指数」1位
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

7番ヒーズインラブも藤岡健一厩舎の管理馬。

「厩舎=◎」
1
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

ダービー卿CTで初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《68》
Photo_24

中山は6戦3勝と得意としている。

「コース実績」=【3・1・1・1】
Photo_25

ペースが速い方がレースはし易い。

レース特記=「P速い○」
Photo_26
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
1_3
→明日のHBビュワーはコチラから(ハイブリッド会員)
*見方はコチラから

5番ロードクエストは近走は上がり3位が最高。

上がり3位
Photo_27

時計勝負へ対応できていない。

レース特記=「時計速×」「高速馬×」
Photo_28
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番ウインガニオンは近走はハイペースで失速。

レース特記=「R息入ず」
Photo_29
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

時計勝負への対応力もどうか。

馬特記=「時計掛○」
Photo_30
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ショウナンアンセムは時計が掛かった方がよいタイプ。

馬特記=「時計掛○」
Photo_31
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、得意の中山コースだから、克服できるかもしれない。

「コース実績」=【2・3・3・1】
Photo_32

前後半5傑入り。巻き返しを警戒したい。

前後半5傑入り=6番ショウナンアンセム
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

昨年の京成杯AHは「推定後半3ハロン」1位の6番グランシルク、2位の3番ガリバルディで決着。

「推定後半3ハロン」1位=6番グランシルク
Photo_37
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3番ガリバルディが11人気と人気がなく、30万円超えの払い戻しで秋競馬がスタート。

4211_2
枠連 19.7×5000円=9万8500円
馬連 40.5×5000円=20万2500円
購入3万5000円 払戻30万1000円

今年もハンデ戦らしく、「ハイブリッド指数」的には混戦。

「ハイブリッド指数」=《70》前後の争い
Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

騎手の腕も問われる舞台といえる。

「騎手=◎○」で決着
5
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_29

<中山11R京成杯オータムハンデキャップの結果>
1着.10番ミッキーグローリー(1人気)
2着.14番ワントゥワン   (3人気)
3着.2番ロジクライ    (2人気)