■キーンランドCを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

札幌で行われた近4年の勝ち馬はすべて上がり5位内をマーク。直線が短い平坦コースでも、スピードだけでは押し切れない。

過去4年の勝ち馬は上がり5位以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は3着以内が6頭。前後半5傑入りの好走も多い。過去5年で牝馬が毎年、2頭ずつ馬券絡みしているのも夏競馬らしい特徴といえる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

今年は差し馬が多いメンバー構成。

差し馬が多い
Photo_7
HBビュワー(テスト中)

「位置取りシート」的には「最内」の1番手は抑えておきたい。

近2年の「位置取りシート」
Photo_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


11番ナックビーナスは近走は重賞で好走続き。

「ハイブリッド指数」=《72》
Photo_2

1200mでは好結果を残している。

「距離実績」=【4・4・3・4】

1

時計の掛かる馬場は得意だから、函館コースは問題ない。

馬特記=「時計掛○」「荒馬場○」
Photo_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前後半5傑入りに該当。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

モレイラJは札幌1200mで勝率29.6%と高い。

「騎手=◎」
Photo_15
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

6番レッツゴードンキは高松宮記念で惜しい2着。

「ハイブリッド指数」=《73》

Photo_5

ヴィクトリアMは距離が長く、現状は1200mがベスト。

レース特記=「距離長」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ムーンクエイクは京王杯スプリングCで重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《71》
Photo_7

5歳でもキャリアは12戦と浅い。

「全成績」=【6・3・0・3】
2

折り合いに不安があるので、1200mは向くかもしれない。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」
Photo_9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJ×藤沢和厩舎のコンビは複勝率60%と高い。

ルメールJ×藤沢和厩舎
Photo_5
HBビュワー(テスト中)

7番ダノンスマッシュは初の1200mの前走が快勝。

レース特記=「距離長」「適距離」

Photo_10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には上積みが見込める。

「ハイブリッド指数」=《64》
Photo_11

8番デアレガーロはUHBで4着善戦だが、「ハイブリッド指数」的には低め。

「ハイブリッド指数」=《65》
Photo_14

スタートが悪い点もどうか。

レース特記=「スタ悪い」
Photo_15
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番トゥラヴェスーラは1200mでは底を見せていない。

「距離実績」=【1・2・0・0】

3

「ハイブリッド指数」的には大幅な上積みが必要ではある。

「ハイブリッド指数」=《56》

Photo_17

13番キャンベルジュニアは成績にムラがある。

「全成績」=【5・5・1・6】
4

それでも、実力的には重賞レベルにある。

「ハイブリッド指数」=《71》
Photo_13

「基準ハイブリッド指数」超えが5頭。G2戦にしてはハイレベル。

「基準ハイブリッド指数」超えが5頭
Photo_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「ノーザンファーム」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「馬名太字」(=放牧先と好相性)
Photo_8
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_45

<札幌11Rキーンランドカップの結果>
1着.11番ナックビーナス  (1人気)
2着.7番ダノンスマッシュ (4人気)
3着.4番ペイシャフェリシタ(9人気)