■阪急杯を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で前後半3ハロンの平均は34秒1-35秒7、1秒6も速い前傾ラップ。「4角先頭馬」「上がり最速馬」が2勝ずつをあげている。

過去5年で「4角先頭馬」「上がり最速馬」が2勝ずつ
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で3勝、2着1回、3着1回と計5頭が3着以内。勝ち馬の5頭が「推定前半3ハロン」位以内に該当している。「推定後半3ハロン」1位は3着以内が2回だけ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「中」より内目有利。「最内・内」から絡まない事はほぼナシ。

近2年の「位置取りシート」
2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


6番レッドファルクスはスプリンターズSを連覇。近走は常に高いパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
Photo_2

1600mでは勝ち鞍がないので、距離短縮は好材料。

「距離実績」=【2・1・0・3】

Photo_4

今回は「山元トレセン」からの放牧帰り。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
2_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


このパターンでは一度しか崩れていない。

過去4戦3連対のパターン
3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

【直前情報】も参考にしたい。

フェブラリーSの【直前情報】
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

17番モズアスコットは初の重賞挑戦の阪神Cが4着。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
Photo_5

キャリアは浅いので、伸びしろは大きい。

「全成績」=【4・0・0・3】
Photo_6

「推定後半3ハロン」1位。脚を溜めれば、前走以上の末脚が発揮できるはず。

「推定後半3ハロン」1位=17番モズアスコット
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

15番カラクレナイは初の1200mのシルクロードSで4着。

「ハイブリッド指数」=《68》
Photo_7

距離は1400m以下が向いている。

レース特記=「距離長」「距離○」
Photo_8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全3勝を1400mであげている。

「全成績」=【3・0・0・2】
Photo_9

12番ディバインコードは成績に安定感がある。

「全成績」=【3・3・4・2】
Photo_10

そして、阪神も得意としている。

「コース実績」=【0・0・2・0】
Photo_11

4歳馬で上積みが見込める。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇

Photo_12

13番ダイアナヘイローは折り合いに課題がある。

レース特記=「掛り気味」
Photo_13
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

距離延長が課題となる。

「距離実績」=【0・0・0・2】
Photo_14

8番ヒルノデイバローはスワンSで2着。成績にムラはあるが、実力通りなら通用する。

「ハイブリッド指数」=《69》
Photo_15

2番シュウジは近走は後方待機から、上位の上がりをマーク。折り合いひとつ。

上位の上がりをマーク
Photo_16

「ハイブリッド指数」的には混戦ムード。

「基準ハイブリッド指数」=《68》
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_43

<阪神11R阪急杯の結果>
1着.13番ダイアナヘイロー (7人気)
2着.17番モズアスコット  (1人気)
3着.6番レッドファルクス (2人気)