■ダイヤモンドSを攻略するツボ■

Photo_46
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

道中は13秒台で淡々と流れて、2周目の3角から一気にペースアップして、ラスト5ハロンは11~12秒台が刻まれる。過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内をマーク。長距離向きのバテない持続力のある末脚が要求される。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」5位以内。勝ち馬の4頭が「ハイブリッド指数」2番手以内。「推定前半3ハロン」上位の5人気程度が1頭、残るケースはある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的にはでは「中」より内目。勝ち馬は1番手からで、2番手からであればやはり内目から。なので、2番手外目の人気馬は評価を下げやすい。また、外目であれば展開マークは必須。そして馬券的には2番手の内目の人気薄が狙い目。

近2年の「位置取りシート」
Photo_37
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


14番フェイムゲームはステイヤーズSで2着。

「ハイブリッド指数」=《71》
Photo_2

スタミナに優れており、長距離戦では安定している。

馬特記=「スタミ○」
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3400mでは4戦2勝、2着1回と好走している。

「距離実績」=【2・1・0・1】
Photo_4

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りではココを目標のローテーション。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
Photo_47
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


6番ソールインパクトは格上挑戦のアルゼンチン共和国杯で2着。

「ハイブリッド指数」=《63》
Photo_5

勝ち味に遅いが、相手なりに走れるタイプ。

「全成績」=【4・5・11・12】
Photo_6

3番プレストウィックは近走は常に上位の上がりをマーク。

上がり2位以内
Photo_7

ただし、上がりの速い東京は微妙ではある。

「コース実績」=【1・1・1・4】

Photo_8

5番ホウオウドリームは近3走すべて上がり最速をマーク。

近3走すべて上がり最速
Photo_9

「推定後半3ハロン」1位。52キロなら末脚は通用するはず。

「推定後半3ハロン」1位=5番ホウオウドリーム
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

馬体が絞れてきて欲しい。

「馬体重」=498k(+10)
Photo_11

8番レジェンドセラーはAJCCで上がり4位。重賞ではやや壁がある。

AJCCで上がり4位
Photo_12


スタミナの有無は【コメント新聞】馬特記&レース特記「スタミ○」があるかをチェックしておきたい。

馬特記&レース特記=「スタミ○」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_16

<東京11RダイヤモンドSの結果>
1着.14番フェイムゲーム  (1人気)
2着.1番リッジマン    (5人気)
3着.6番ソールインパクト (6人気)