■安田記念を攻略するツボ■

例年、大波乱続きの安田記念だが4年前には3連複「91160円」の9万馬券が的中。

3年前の「推定3ハロン」
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★昨年の3連複9万馬券★

3211
3連複 911.6×500円=45万5800円
購入4万5000円 払戻45万5800円

そして、3年前にも3連複「40690円」の4万馬券。

2年前の「推定3ハロン」
3f
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単勝、3連複の4万馬券に貢献してくれた。

★単勝+3連複4万馬券★
3211
単勝 3.7×1万円=3万7000円
3連複 406.9×500円=20万3450円
購入5万2500円 払戻24万450円


さて、今年も狙うは3連複の大万馬券。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

→安田記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版

過去5年の勝ち時計は1分31秒台~32秒台前半、上がり33秒台が要求される。

1分31秒台~32秒台前半、上がり33秒台の決着
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着1回と好走。「推定後半3ハロン」1位も12~16年まで4年連続して連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番スワーヴリチャードは大阪杯で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《76》

3_3

東京コースは日本ダービーの2着を含め、重賞で4戦してすべて連対。

「コース実績」=【2・2・0・0】
4_2

左回りを得意としている。

レース特記=「右回り×」「左回り○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」「乗込指数」ともに高く、仕上がりは前走以上。

「追切指数」2位&「乗込指数」2位
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「インスタグラム」に書いた通り、最内枠は絶好に思えるが、意外に勝ち馬はいない。内を捌けるか、外へ持ち出すか。

安田記念の枠番別成績
Photo_15

「出遅れ率」が《60%》と高い点は気掛かり。

「出遅れ率」=《60%》
Photo_3

この馬も5番ペルシアンナイトは大阪杯で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
5_2

近走は常にハイレベルなパフォーマンスをしている。

「ハイブリッド指数」=《70》超え

6_2

2000mで掛かり気味なので、1600mの方がよい。スタートが悪い点が課題。

レース特記=「スタ悪い」「掛り気味」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番サングレーザーはマイラーズCで上がり最速33.2秒をマーク。上がり2位に0.5秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.5秒差)
7_2

ディープインパクト産駒で時計、上がりの速い決着は得意。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13戦して3着を2回しか外していない。末脚が堅実なタイプ。

「全成績」=【6・1・4・2】
8

「インスタグラム」に書いた通り、今年の東京1600mの1分32秒台の決着はNHKマイルC、ヴィクトリアMの2クラ。やはり高速馬場ではディープインパクト産駒が強い。

1分32秒台ではディープ産駒が勝利
1600
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

「推定後半3ハロン」1位。今回も外から伸びてくるはず。

「推定後半3ハロン」1位=15番サングレーザー
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

4番アエロリットはヴィクトリアMで4着。実力的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《73》
9

ペースが速くなって、上がりが掛かって欲しい。

レース特記=「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番サトノアレスは3走続けて上がり2位以内、上がり32~33秒台をマーク。

上がり2位以内&上がり32~33秒台
10

1ハロンの距離延長は好材料ではある。

「距離実績」=【2・2・0・1】
1

11番リアルスティールは東京コースにも実績があって、海外G1制覇の実力は上位。

「ハイブリッド指数」=《74》

2_3

渋った馬場は苦手で、上がりが速い決着なら。

馬特記&レース特記=「上が速○」「渋馬場×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りで、仕上がりはよいはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
4
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


12番ヒーズインラブはG3までしか経験がない。一気の相手強化では厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《68》
3_4

14番リスグラシューはヴィクトリアMの上がり最速32.9秒は立派。

上がり最速32.9秒
4_4

上がりの速い決着は得意としている。

レース特記=「上が速○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mでは8戦して3着を外していない点は高評価できる。

「距離実績」=【2・4・2・0】

2

10番モズアスコットはマイラーズCで前半33.9秒のハイペースを粘り込んだのは立派。

前半33.9秒のハイペース
3

先行しても、差しても結果が出ている。脚質の自在性は武器となる。

"3・4角3以内""4角9以降"に該当
Photo_4
→PDF版はコチラから


→安田記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版

→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_34

<東京11R安田記念の結果>
1着.10番モズアスコット  (9人気)
2着.4番アエロリット   (5人気)
3着.1番スワーヴリチャード(1人気)