■スプリングSを攻略するツボ■

Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内で立ち回っている。皐月賞とは違って、逃げ&先行馬の粘り込みが目立つ。実績断然のステルヴィオにも付け入るスキはあるか。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
6_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手は計6頭も馬券絡み。勝ち馬の6頭までが「ハイブリッド指数」4番手以内に該当している。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」はほぼ互角。近4年は500万下を勝ちからの参戦馬が勝利している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には1番手の、IDM・展開Wで「+」かテン・展開マーク付き。「中」より内目の傾向。

近2年の「位置取りシート」
6
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


8番ステルヴィオは朝日杯FSで2着に健闘。

レース内容

1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4戦すべて上がり2位以内と末脚は堅実。

すべて上がり2位以内
1_6

加速が遅いタイプなので、中山コースがどうか。

馬特記=「加速遅い」
2_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

"「推定3ハロン」好走パターンを検証しよう"に書いた通り、ルメールJ+「推定後半3ハロン」1位は抜群の安定感を誇る。

ルメールJ+「推定後半3ハロン」1位
1803085
【データパックの分析画面

2番ルーカスはホープフルSで6着。

「ハイブリッド指数」=《48》

2_7

器用さに欠ける面があるので、中山コースが微妙。

レース特記=「器用さ欠」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

複勝率こそルメールJより低いが、勝率では大きく上回る。

該当コース騎手成績
Photo_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

【直前情報】参考にしたい。

金鯱賞の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

11番ゴーフォザサミットは3戦連続して上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
3_3

時計、上がりの掛かる中山は合うはず。

馬特記=「上が速×」「時計掛○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番エポカドーロは2戦連続して完勝。

レース特記=「完勝」

5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダッシュ力が速いだけでなく、上がりも速い点は評価できる。

上がり3位以内
4_3

「推定前半3ハロン」2位&「推定後半3ハロン」4位。上がりも速いので、単なる逃げ馬ではないはず。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「インスタグラム」に書いている通り、戸崎Jが不調なのがどうかだけ。

土曜も2着が1回だけ
1_3

6番ハッピーグリンはセントポーリア賞で上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク

5_4

上がりの速い決着に対応したのは立派。

レース特記=「上が速○」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番レノヴァールは一戦ごとに良化している。上位争いも可能かもしれない。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7_2

唯一、「基準ハイブリッド指数」超えの8番ステルヴィオを巡っての争い。

「基準ハイブリッド指数」超えが1頭

Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_43


<中山11Rスプリングステークスの結果>
1着.8番ステルヴィオ   (1人気)
2着.5番エポカドーロ   (3人気)
3着.12番マイネルファンロン(6人気)