■大阪杯を攻略するツボ■

マキシマム競馬新聞
1
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版
の購入コチラから
*新聞の見方(HTML PDF

地方競馬の【マキシマム競馬新聞】の数あるデータのなかでも、特に使えるのが「過去3走内通過順」。近3走以内で5着以内の馬が、4角をどのポジションを通過したかが分かるもの。

このレース(↓)は3走以内に逃げて5着以内の馬がゼロ。そして、3・4角3番手以内で5着以内が1頭だけ。前に行ければ有利なメンバーというのが視覚的に分かる。

「過去3走内通過順」
Photo_5

「過去3走内通過順」は、JRAでも使えるはずなので、地方競馬用の【マキシマム競馬新聞】から逆輸入。

区切りの条件は少し変えており、頭数が少なめの地方競馬では「3走以内+5着以内」だが、JRAでは「3走以内+3着以内」と幅を狭めてある。

土曜・阪神10Rは左2マス("逃げ""3・4角3位内")に入っているのが①。マイペース逃げが予想できて、結果は逃げ粘って2着。

3_2

一方、中山11R・ダービー卿CTは近3走で逃げて3着以内が②⑥⑧⑬⑭の5頭も。結果は1000m通過が57.4秒のハイペースとなって、⑨が後方から差し切り勝ち。

ダービー卿CTの「3走以内の通過順」
3


以下、明日の「過去3走内通過順」のプロトタイプ。

明日の中山&阪神の「過去3走以内通過順」
Photo_8

中山の後半のレースは8~11Rまで"逃げ"(=近3走で逃げて3着以内)がゼロ。その右隣のマスの"3・4角3位内"の馬が展開的には有利。

3

一方、阪神は8Rが"逃げ"が3頭もおり、速めに流れが予想できる。そして、9R、10Rは"逃げ"がゼロで、"3・4角3位内"が有利。

4

芝・ダートを分けるか、クラス別に分けるかなど、JRAにおける「3走以内の通過順」の条件(分類の仕方)はもう少し調整していきたい。

次の園田競馬は4月3日(火)~
Photo_12
⇒マキシマム競馬新聞のブログはコチラから

さて、大阪杯を分析。

Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近2年の勝ち馬は4角2番手で立ち回っている。そして、2013~16年の勝ち馬は上がり2位以内をマーク。好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。

4角6番手以内→上がり2位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手は4勝、3着1回。勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」2番手以内に該当している。そして、2012~16年まで5年連続して「推定後半3ハロン」1位が好走している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には過去5年、1番手でのワン・ツーが続いている。2番手であれば「外」「大外」の四隅が断然。

近2年の「位置取りシート」
2_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


15番スワーヴリチャードは年明け初戦の金鯱賞で上がり2位をマークして快勝。

4角2番手→上がり2位
3_2

近走は高いレベルで安定している。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
4_2

有馬記念で内にモタレた通り、右回りがどうかだけ。

レース特記=「右回り×」「左回り○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番アルアインは好メンバーの京都記念で2着。

「ハイブリッド指数」=《73》
5_2

高速決着にも、時計が速くても対応できる。

馬特記=「渋馬場○」「芝軽い○」「時計速○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞勝ちの2000mがベスト。

「距離実績」=【1・0・0・0】
1

川田Jは阪神内回り2000mの複勝率は50%近くある。

該当コース騎手成績
Photo_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

15番スワーヴリチャードと並んで、前後半5傑入りに該当している。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

2番サトノダイヤモンドは金鯱賞でスワーヴリチャードを上回る上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
7_3

レースラップのラスト3ハロンが11秒台前半~中盤だから、差し届かないのは仕方ない。

レースラップのラスト3ハロンが11秒台前半~中盤
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

国内では11戦して3着を外していない。しかも、阪神は3戦3勝と好相性。

「全成績」=【7・1・3・0】
8_2

「推定後半3ハロン」1位。今回もラストは鋭く伸びてくるはず。

「推定後半3ハロン」1位
1_2

4番シュヴァルグランはスタミナが武器。

馬特記=「スタミ○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

久々の2000mは割引きが必要だが、「ハイブリッド指数」は高い。

「ハイブリッド指数」1番手
2

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。「馬名太字」(=放牧先と好相性)に該当している。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
6
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


1番ミッキースワローはAJCCで上がり最速をマークして2着。展開ひとつで出番はあるか。

上がり最速
9

14番ダンビュライトはAJCCを快勝。上がり6位だから、展開に恵まれた面は大きい。

上がり6位
1_2

11番ウインブライトは近3走すべて連対と地力強化は著しい。

「ハイブリッド指数」=《73》
3_3

時計、上がりの掛かる舞台は向いている。

馬特記=「上が速×」「時計掛○」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番トリオンフは3連勝で小倉大賞典を制覇。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4_3

G1初挑戦とはいえ、目下の勢いは侮れない。

レース特記=「完勝」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ペルシアンナイトは中山記念で上がり最速をマークして5着。

上がり最速
10

成績にはムラがあるが、勝ち負けできる実力はある。

「全成績」=【4・2・1・3】
11

「ハイブリッド指数」的には《70》越えが8頭の混戦ムード。

「ハイブリッド指数」=《70》超えで混戦ムード
Photo_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

ちなみに大阪杯の"逃げ"(=近3走で逃げて3着以内)は⑩サトノノブレス、⑫ヤマカツライデンの2頭。そして、"3・4角3位内"も①ミッキースワロー、⑨トリオンフ、⑪ウインブライト、⑭ダンビュライト、⑮スワーヴリチャードの5頭。

5


平均~速めの流れが想定できる。

明日の中山&阪神の「過去3走以内通過順」
Photo_8


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_64

<阪神11R大阪杯の結果>
1着.15番スワーヴリチャード(1人気)
2着.5番ペルシアンナイト (6人気)
3着.8番アルアイン    (2人気)