■ニュージーランドTを攻略するツボ■

先週の土曜の深夜はドバイ参戦の日本馬を応援。今年は勝てなかったけど、また来年も挑戦して欲しいもの。

馬券は4レース中、ドバイシーマクラシックとドバイワールドカップの3連複が的中して、12400円→31600円。3連複の配当が甘い気が気がする。地方競馬、海外競馬もJRAと同様、券種選択が最重要。

Img_0097
Img_0098
Img_0099
Img_0100


桜花賞・想定版の無料サンプル(+土曜・高知5R)
桜花賞・前日版の無料サンプル(+日曜・高知5R)


さて、ニュージーランドTの券種選択をどうするか。

1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬は4角8番手以内→上がり6位以内をマーク。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

好位から上位の上がりを使えるタイプが有利
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去7回で「ハイブリッド指数」1番手は4頭が3着以内。5番手以内が5勝。「推定前半3ハロン」1位は2勝。「推定後半3ハロン」1位は4頭が3着以内。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

14番ケイアイノーテックは前走の500万下を圧勝。上がり最速33.9秒は上がり2位に0.5秒差で抜けて速かったほど。

「ハイブリッド指数」=《58》
上がり最速33.9秒(上がり2位に0.5秒差)

Photo_2

時計、上がりの速い決着は得意。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。G1で上位争いの瞬発力は最上位。

「推定後半3ハロン」1位=14番ケイアイノーテック
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「インスタグラム」に書いた通り、不振の戸崎Jがどうかだけ。

先週は勝ち星なし
2_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

6番カシアスはシンザン記念で3着だが、展開に恵まれた面は大きい。

レース特記=「展開恵れ」
Photo_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1400m以下の方がよいはず。

「距離実績」=【0・0・1・1】

Photo_5

10番ファストアプローチは追って甘い面がある。上がりの速い決着も苦手。

レース特記=「追甘い」「上が速×」

Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000m前後が合うはず。

「距離実績」=【0・0・0・2】
Photo_7

「追切指数」、「乗込指数」ともに高く、仕上がりは良好。

「追切指数」1位&「乗込指数」1位
Photo_28
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

5番カツジは近2走は折り合いが課題。落ち着きが欲しい。

レース特記=「落着ほし」「行たがる」
Photo_8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番リョーノテソーロは初芝のクロッカスSを勝利。

「ハイブリッド指数」=《51》
Photo_9

芝でもダートでも上位の上がりが使える。

4戦すべて上がり3位以内
Photo_10

8番ラムセスバローズは芝、ダートで4戦4連対。

「全成績」=【2・2・0・0】
Photo_11

上がりが掛かれば出番はあるはず。

レース特記=「上が掛○」

Photo_12
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「3走以内の通過順」では"逃げ"(=一番左のセル)が3頭、"3・4角3位内"(=左から二番目のセル)が8頭もいる。ダービー卿CTと同様、ハイペースが想定できる。

"逃げ""3・4角3位内"が多数
Photo_29
→明日の全レースの「3走以内の通過順」はコチラから


桜花賞・想定版の無料サンプル(+土曜・高知5R)
桜花賞・前日版の無料サンプル(+日曜・高知5R)


結果は → 成績新聞

Photo_37

<中山11Rニュージーランドトロフィーの結果>
1着.5番カツジ      (2人気)
2着.14番ケイアイノーテック(1人気)
3着.2番デルタバローズ  (9人気)