■中山牝馬Sを攻略するツボ■

Photo_30
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬は4角8番手以内。好位~中団から上位の上がりを使えるタイプが有利。軽ハンデの先行馬の粘り込みを警戒しておきたい。

過去5年の勝ち馬は4角8番手以内
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手が3連対。ノーマークも3勝をあげている。近3年は「推定前半3ハロン」3位が3~5人気が勝利。やや先行馬が優勢か。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

12
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「中」より外目の傾向。「外・大外」ラインは優秀で特に「大外」1番手。

近2年の「位置取りシート」
2_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


6番フロンテアクイーンは格上挑戦のターコイズSで2着。

「ハイブリッド指数」=《64》
Photo_2

距離延長は問題ない。重賞では4度目の馬券絡みしており、引き続き上位争い可能。

「距離実績」=【2・2・0・1】
Photo_3

4番マキシマムドパリは近走は常にハイレベルなパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《69》《70》
Photo_4

牝馬重賞2勝の実力は上位。

「コース実績」=【0・1・0・0】
Photo_5

仕上がりはメンバー中でも上位。

「追切指数」3位&「乗込指数」3位
Photo_31
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

11番ワンブレスアウェイは近走はレースぶりが荒い。

レース特記=「スタ悪い」「行たがる」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この中間は「ノーザンF天栄」へ短期放牧だから、落ち着きは出ているはず。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
1_3
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


得意の1800mでどこまで前進できるか。

「距離実績」=【3・1・0・1】
Photo_7

「インスタグラム」に書いた通り、戸崎騎手は2月12日の勝利から54連敗中。どこか悪いのか少し心配ではある。

54連敗中
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

2番トーセンビクトリーは既に明け6歳。上積みは小さい。

「ハイブリッド指数」=《67》
Photo_8

1番エテルナミノルは愛知杯で初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《68》
Photo_9

今回も折り合いひとつ。

レース特記=「折合○」
Photo_10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番エンジェルフェイスの京都牝馬Sは外を回ったのが敗因のひとつ。

レース特記=「大外回る」
Photo_13
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1800mの方がレースはし易い。5歳馬でもキャリアは浅く、まだ底を見せていない。

「距離実績」=【2・1・1・0】

Photo_14

14番カワキタエンカは近走はすべて先手を奪う形。

レース特記=「ダッシ○」
Photo_11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ローズSで2着するなど、1800mは4戦4連対と得意としている。

「距離実績」=【2・2・0・0】
Photo_12

「推定前半3ハロン」は抜けて速く、マイペース逃げを警戒したい。

「推定3ハロン」断トツ1位=濃いオレンジ色で表示
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_30

<中山11R中山牝馬ステークスの結果>
1着.14番カワキタエンカ  (6人気)
2着.6番フロンテアクイーン(2人気)
3着.10番レイホーロマンス (9人気)