■きさらぎ賞を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近4年で「上がり最速馬」はすべて勝利。しかも、勝ち馬はすべて4角5番手以内で立ち回っている。後のG1戦線での活躍馬が多い。

近4年の勝ち馬は4角5番手以内→上がり1位
6
*画像は携帯版の【コメント新聞】

4年連続して「ハイブリッド指数」1番手が連対。近6年で「ハイブリッド指数」6番手以下で連対した馬はいない。そして、近8年で「推定後半3ハロン」1位は7頭が馬券絡みしている。実力差がストレートに反映されるレース。池江厩舎が6頭も絡んでいる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では1番手、「中」より「内」。2番手であれば四隅。

近2年の「位置取りシート」
1_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


9番ダノンマジェスティは初戦を余力十分に快勝。上がり最速33.0秒は上がり2位に0.5秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速33.0秒(上がり2位に0.5秒差)
1_2

レースラップのラスト3Fが11.3秒-11.2秒-11.0秒は秀逸。あとはキャリアが1戦と浅い点がどうか。

レースラップのラスト3F11.3秒-11.2秒-11.0秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番カツジはデイリー杯2歳Sで2着。

「ハイブリッド指数」=《49》
2_2

渋った馬場は苦にしない。2戦目でテンションがあがっていたので、落ち着きが欲しい。

レース特記=「渋馬場」「落着ほし」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

【直前情報】も参考にしたい。

シルクロードSの【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

8番グローリーヴェイズはこうやまき賞で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
3_3

レースラップのラスト2Fが10.8秒-11.2秒と速く、差し届かなかったのは無理もない。

レースラップのラスト2F10.8秒-11.2秒

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。直線が平坦な京都なら、ラスト1ハロン10秒台が可能かもしれない。

「推定後半3ハロン」1位=8番グローリーヴェイズ
K11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

M.デムーロJ騎乗は魅力。

該当コース騎手成績
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
1
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


5番レッドレオンは初戦を上がりの掛かる馬場で勝利。

レース特記=「上が掛○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ディープ産駒なので、良馬場の方がよい。

土曜・京都10Rはディープ産駒の3頭で決着
K10
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

6番ニホンピロタイドは新馬戦を好ダッシュから押し切り勝ち。

レース特記=「ダッシ○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、上がりが5位と速くない。外回りコースは微妙。

上がり5位
4_2

4番ラセットは3戦連続して上がり最速をマーク。外回りコースは向いている。

3戦連続して上がり最速をマーク
5_2

「ハイブリッド指数」3番手、前後半5傑入り。人気以上には走ってくるはず。

「ハイブリッド指数」3番手、前後半5傑入り
Photo_3


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_36

<京都11Rきさらぎ賞の結果>
1着.3番サトノフェイバー (4人気)
2着.8番グローリーヴェイズ(2人気)
3着.4番ラセット     (5人気)