■京王杯スプリングCを攻略するツボ■

Photo_20
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

ヴィクトリアMのハイブリッド競馬新聞の前日版
(+12日(土)の高知5R+11Rのマキシマム競馬新聞)



過去5年の勝ち馬の4頭が上がり5位以内をマークしている。上がり32秒台後半~33秒台前半の瞬発力勝負に対応できるかが大きなポイント。

上がり32~33秒台前半の瞬発力勝負
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は2連対のみ。「推定前半3ハロン」1位は3頭、「推定後半3ハロン」1位は2頭が3着以内。展開、コース取りに左右される面が大きく、あまり目立った傾向は出ていない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

過去のコンビニ版位置取りシート

2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


1番サトノアレスはキャピタルS、東京新聞杯で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
Photo_3

朝日杯FS勝ちの1600mがベスト。

「距離実績」=【2・2・0・1】
Photo_2

今の東京コースはディープ産駒に向いている。

NHKマイルCはディープ産駒の2頭で決着
1
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

距離短縮なので、スタートが課題となる。

レース特記=「スタ悪い」
Photo_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ダンスディレクターは近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超えだが、8歳馬で年齢的な上積みは求め辛い。

「ハイブリッド指数」=《70》超え

Photo_5

高松宮記念で折り合いを欠いており、距離延長が不安ではある。

レース特記=「掛かる」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番グレーターロンドンは東京で4勝をあげている。

「コース実績」=【4・0・1・3】
Photo_7

しかしながら、近走は以前の勢いが感じられない。初距離で新味に求めたい。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
Photo_8

17番キャンベルジュニアのダービー卿CTもハンデが向いた面は大きい。

「ハイブリッド指数」=《66》
Photo_9

ただし、1400mでは結果が出ていない。

「距離実績」=【0・0・0・3】
Photo_10

9番ウインガニオンは全8勝をあげている。1400mにも実績がある。

「全成績」=【8・1・1・14】
Photo_11

10番セイウンコウセイは上がりが掛かって欲しい。

馬特記&レース特記=「上が速×」
Photo_13
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番ビップライブリーは1400mが得意。この馬の他にも「社台系」からの放牧帰りは多い。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


13番ダイメイフジはオーシャンSで3着。

「ハイブリッド指数」=《60》台中盤
Photo_14

折り合いが不安なので、距離延長は微妙。

レース特記=「行たがる」
Photo_15
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ムーンクエイクは7戦5勝、2着1回のルメール騎手が騎乗。

該当コース騎手成績
Photo_21
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

ダッシュ力があるので、初めての1400mが向く可能性は十分。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

藤沢和雄厩舎は1番サトノアレスも出走。同厩舎の

同厩舎の2頭出しは四角囲みで表示

1

「3走以内の通過順」的には短距離戦なので、"逃げ"&"3・4角3以内"のセルに該当が有利なはず。

⑤は"逃げ"&"3・4角3以内"のセルに該当
Photo_19
→明日のPDF版はコチラから

結果は → 成績新聞

Photo_31

<東京11R京王杯スプリングカップの結果>
1着.5番ムーンクエイク  (4人気)
2着.17番キャンベルジュニア(7人気)
3着.1番サトノアレス   (2人気)