■阪神大賞典を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が4勝、勝ち馬はすべて上がり2位以内。たとえスローペースであっても、先行力だけでは押し切れない。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
Photo_31
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年すべて「ハイブリッド指数」1番手は3着以内。6番手以下で3着以内が2頭しかいない。そして、「推定後半3ハロン」1位が目下5連勝中。特に近3年は「推定後半3ハロン」4番手以内が1~3着を独占している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には四隅が非常に有利。近年で1番手の四隅が絡まなかったレースは無し。また、2番手四隅も優秀。

近2年の「位置取りシート」
5
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


8番クリンチャーは京都記念で初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《71》
Photo_32

スタミナがあるので、距離延長は問題ない。

レース特記=「スタミ○」
Photo_33
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

成績にはムラがあるので、連続して好走できるかどうかだけ。

「全成績」=【3・1・0・4】

1_2

10番アルバートは7歳でも年齢的な衰えはない。

「ハイブリッド指数」=《73》
Photo_35

レースセンスがよいので、乗り替わりは問題ない。

レース特記=「R振スム」
Photo_36
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。スタミナ優先の阪神3000mの舞台は向く。

「推定後半3ハロン」1位=10番アルバート
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

7番レインボーラインは天皇賞(秋)で13人気で3着。枠連「800円」、3連複「15290円」46万円超えの払い戻しに貢献してくれた。

★今年の枠連1点&3連複万馬券★
4911
枠連 8.0×2万円=16万円
3連複 152.9×2000円=30万5800円
購入7万4000円 払戻46万5800円

やはり「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りの人気薄には要注意。

天皇賞(秋)の「外厩シート」
2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


実力を発揮できれば、上位とも差はない。

「ハイブリッド指数」=《72》
Photo_37

年明け初戦だから、【直前情報】参考にしたい。

金鯱賞の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

6番サトノクロニクルは「ハイブリッド指数」的には上積みが必要。

「ハイブリッド指数」=《66》
Photo_38

菊花賞はノメって大敗したので、良馬場なら見直せるか。

レース特記=「ノメル」
Photo_39
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神コースは2戦2連対と好相性。

「コース実績」=【1・1・0・0】
Photo_40

11番ヤマカツライデンは函館記念で逃げ粘って3着。今回も先手を主張するはず。

馬特記=「ハナ条件」
Photo_41
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ムイトオブリガードは500万下を圧勝。「追切指数」、「乗込指数」ともに高く、デキのよさを活かしてどこまで太刀打ちできるか。

「追切指数」1位&「乗込指数」1位
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「ハイブリッド指数」的には上位4頭の争い。

「ハイブリッド指数」=《70》前後の争い
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


→先週分の無料サンプルはコチラから

結果は → 成績新聞

>Photo_39


<阪神11R阪神大賞典の結果>
1着.7番レインボーライン (3人気)
2着.6番サトノクロニクル (4人気)
3着.8番クリンチャー   (1人気)