■フラワーCを攻略するツボ■

Photo_45
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて4角4番手以内。好位~中団から上位の上がりを使えるタイプが有利。

過去5年の勝ち馬はすべて4角4番手以内
Photo

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」6番手以下の勝利は一度だけ。近3年は「ハイブリッド指数」1番手が連対を確保。そして、近4年の勝ち馬は「推定前半3ハロン」3位以内。近7年で「推定後半3ハロン」1位も3勝をあげている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には1番手内目。ファンディーナくらい抜けて居る馬のみ「外」からの勝利。「中」より内目自体が非常に有利で、人気に関わらず馬券圏内馬を輩出。次順で1番手の外目四隅。内目のテンマーク付きも3着以内に1頭は来る。

近2年の「位置取りシート」
4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


4番ロックディスタウンは阪神JFで折り合いを欠いて敗戦。

レース特記=「掛り気味」「落着ほし」
Photo_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

能力的には同世代の牝馬同士なら上位。

「ハイブリッド指数」=《51》
Photo_3

1800mは2戦2勝と実績がある。

「距離実績」=【2・0・0・0】
1_5

池添Jへの乗り替わりなら問題ないはず。

該当コース騎手成績
Photo_46
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

先行力もあるので、直線が短い中山は向くはず。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

10番カンタービレも前後半5傑入り。未勝利戦を「レースレベル」=《A》で完勝。

「レースレベル」=《A》
Photo_5

テンションが高い面があるので、輸送が課題となる。

レース特記=「掛り気味」
Photo_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3戦して3着を外していない点は評価できる。

「全成績」=【1・2・0・0】
1_6

9番トーセンブレスは阪神JFで上がり最速をマークは優秀。

上がり最速をマーク
Photo_8

スタートが悪いので、直線が短い中山がどうか。

レース特記=「スタ悪い」
Photo_9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番メサルティムは1800mで2連勝中。

「距離実績」=【2・0・0・0】
1_7

時計の掛かる条件は得意なので、中山コースは向くはず。

レース特記=「時計掛○」
Photo_11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ノーブルカリナンの前走は道中で外々を回るロス。「ハイブリッド指数」的に牝馬同士の重賞なら上位を争えてよい。

レース特記=「道中外々」
Photo_12
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番ノームコアは新馬戦、アスター賞と2連勝。

「ハイブリッド指数」=《47》
Photo_15

6ヵ月ぶりで仕上がりがどうか。【直前情報】参考にしたい。

金鯱賞の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_37

<中山11Rフラワーカップの結果>
1着.10番カンタービレ   (2人気)
2着.9番トーセンブレス  (3人気)
3着.3番ノームコア    (4人気)