■フィリーズRを攻略するツボ■

Photo_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬は上がり1位が3頭、4位が2頭。1200m戦からの参戦馬が多く、スタートから飛ばしていくため、ペースが速くなりやすい。

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内
Photo_15
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年の勝ち馬は「ハイブリッド指数」6番手以内に該当。近3年で「ハイブリッド指数」ノーマークで馬券絡みした馬はいない。「推定3ハロン」的には顕著な傾向はなく、満遍なく馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

13
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には1番手の四隅の傾向。展開マーク、「+」どちらかの印があれば。2番手からは外枠の7・8枠の馬、激走馬を。

近2年の「位置取りシート」
3_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


7番モルトアレグロは紅梅Sを勝利。

「ハイブリッド指数」=《51》
4_3

全4戦で2着を外したのは一度だけ。

「全成績」=【2・1・0・1】
Photo_16

再度の輸送でテンションが上がらないかどうか。

レース特記=「落着ほし」

Photo_17
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

【直前情報】も参考にしたい。

弥生賞の【直前情報】
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

6番アマルフィコーストは「ハイブリッド指数」的には7番モルトアレグロと互角。

「ハイブリッド指数」=《50》
Photo_18

デビュー2戦は阪神、中京で勝利しており、重い馬場は苦にならない。

レース特記=「芝重い○」
Photo_19
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

18番アリアはなずな賞で上がり最速をマークして差し切り勝ち。

上がり最速をマーク
Photo_20

時計、上がりの掛かる馬場が向いている。

レース特記=「荒馬場○」「時計掛○」

Photo_21
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「山元トレセン」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「山元トレセン」からの放牧帰り
1_3
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


14番アルモニカは春菜賞で2勝目。長距離輸送で馬体が減らなかったのは立派。

「馬体重」=422k(+2)
Photo_22

スタートの巧さ、ダッシュ力の速さが武器。

レース特記=「ダッシ○」「スタ良い」
Photo_23
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番デルニエオールは前走のレースラップのラスト2Fは評価できる。

レースラップのラスト2ハロン11.3秒-11.5秒
Photo_24
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スタートが悪いのは仕方ない。全兄オルフェーヴルの良血馬。折り合いひとつ。

レース特記=「掛り気味」「スタ悪い」
Photo_25
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番アンコールプリュはつわぶき賞で上がり最速をマークして2連勝。

上がり最速をマーク
Photo_26

この時のレースラップのラスト2Fは秀逸。

レースラップのラスト2ハロン11.2秒-11.2秒
Photo_27
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。瞬発力はメンバー中で最上位。

「推定後半3ハロン」1位=9番アンコールプリュ
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「推定前半3ハロン」1位は15番コーディエライト。3着を外したのは阪神JFのみ。距離短縮で巻き返すかもしれない。

「全成績」=【1・2・1・1】
Photo_28

「ハイブリッド指数」は《50》台前半が多数。ペース、コース取りに左右される面が大きく、一筋縄では収まらないはず。

「ハイブリッド指数」=《50》超えで混戦
Photo_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

→先週分の無料サンプルはコチラから


結果は → 成績新聞

Photo_33

<阪神11Rフィリーズレビューの結果>
1着.10番リバティハイツ  (8人気)
2着.9番アンコールプリュ (2人気)
3着.2番デルニエオール  (5人気)