■フェアリーSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「4角先頭馬」が実に3勝をあげている。1200m&1400mの短距離戦からの参戦馬は多いが、基本的には折り合いを重視するため、先行争いは激しくならない。

過去5年で「4角先頭馬」が3勝
Member_kubovsakagi_com_member_hy_15
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

騎手では戸崎Jの好走が多い。そして、今の時期の牝馬に長距離輸送は厳しいためか、関西馬は1連対しかしていない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「中」より内目。

近2年の「位置取りシート」
2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


13番レッドベルローズは初戦で上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク
1

レースラップのラスト2ハロン11.2秒-11.1秒を差し切った内容は高評価できる。

レースラップのラスト2ハロン11.2秒-11.1秒
Member_kubovsakagi_com_hbcomment__7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番プリモシーンは2戦目の未勝利の上がりが断トツ。

上がり最速(上がり2位に0.8秒差)
Member_kubovsakagi_com_member_hy_16

初戦は稍重馬場で好走しており、馬場が絞っても問題ない。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
Member_kubovsakagi_com_hbcomment__8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番サヤカチャンはアルテミスSで2着。

「ハイブリッド指数」=《47》
Member_kubovsakagi_com_member_hy_18

阪神JFは折り合いを欠いたので、スンナリ逃げられるかどうか。

レース特記=「行たがる」
Member_kubovsakagi_com_hbcomment__9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番トロワゼトワルはアルテミスSで小差の4着。

「ハイブリッド指数」=《44》
Member_kubovsakagi_com_member_hy_19

距離は1400mの方が合う印象はある。

レース特記=「距離長」
Member_kubovsakagi_com_hbcomment_10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番ジーナスイートの初戦は展開に恵まれた面は大きい。2戦目で真価が問われる。

前後半37.4秒-34.6秒、後傾2.8秒のスローペース
Member_kubovsakagi_com_member_hy_21

16番テトラドラクマは前走の未勝利戦が5馬身差V。一戦ごとに大きく成長している。

「ハイブリッド指数」=《48》
Member_kubovsakagi_com_member_hy_22

レースラップ的にも余力が感じられる。

レースラップのラスト2ハロン11.6秒-11.5秒
Member_kubovsakagi_com_hbcomment_11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ライレローズはレースぶりが粗削りだが、能力は高い。

レース特記=「脚外振走」「追頭上る」
Member_kubovsakagi_com_hbcomment_12
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

430kg台の馬体重を維持できるかがカギ。

「馬体重」=436k
Member_kubovsakagi_com_member_hy_23

結果は → 成績新聞

Photo_34
<中山11Rフェアリーステークスの結果>
1着.14番プリモシーン   (2人気)
2着.10番スカーレットカラー(6人気)
3着.13番レッドベルローズ (7人気)