■AJCCを攻略するツボ■

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて4角6番手以内で立ち回っている。その一方、勝ち馬はすべて上がり6位以内をマーク。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内→上がり6位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。全体的には「後半」系のレース。「ハイブリッド指数」1番手か、2番手は馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「中」~「外」の1番手が好走している。

近2年の「位置取りシート」
1
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


3番ミッキースワローはセントライト記念で上がり最速33.4秒をマークして勝利。

上がり最速33.4秒をマーク
3_3

しかも、レースラップのラスト2F11.3秒-11.0秒は秀逸。

レースラップのラスト2F11.3秒-11.0秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

馬場が荒れても問題ない。

馬特記=「渋馬場○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山コースは3戦2勝と好相性。

「コース実績」=【2・0・0・1】
4

「推定後半3ハロン」は抜けて速い。外から一気に突き抜けるくるはず。

「推定3ハロン」断トツ1位=ピンク色で表示
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

5番ゴールドアクターも一昨年の有馬記念勝ちを含め、中山は得意としている。

「コース実績」=【4・1・1・2】
5

宝塚記念で2着したとおり、2200mも合っている。「ハイブリッド指数」=《70》超えと高い。

「ハイブリッド指数」=《74》
6

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

京成杯の【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

1番レジェンドセラーは近4走で3勝してオープン入り。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで、仕上がりはよいはず。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


ただし、ズブイ面があるので、中山コースが微妙。

レース特記=「ズブイ」「追い通し」「勝負モタ」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJの腕次第。

該当コース騎手成績
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

7番ダンビュライトは中山では2戦ともに3着。

2000mの「距離実績」=【1・0・2・0】
8

行きたがる面があるので、中距離が向いている。M.デムーロJ騎乗は魅力。

レース特記=「掛り気味」「距離長」「距離○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

結果は → 成績新聞

Hb_7
<中山11Rアメリカジョッキークラブカップの結果>
1着.7番ダンビュライト  (2人気)
2着.3番ミッキースワロー (1人気)
3着.9番マイネルミラノ  (8人気)