■天皇賞(春)を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

→無料サンプルはコチラから
・天皇賞(春)の「ハイブリッド新聞」
・明日の京都の「位置取りシート」(コンビニ版)
・明日の京都の「推定3ハロン分析シート」(コンビニ版)

過去5年の勝ち馬はすべて2周目の4角5番手以内で立ち回っている。同じ京都外回り長距離戦の菊花賞に比べて、距離適性の低い馬が少なく、距離ロスが大きく響いてくる。

過去5年の勝ち馬は2周目の4角で5番手以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去10年で1人気が0連対と大不振。ただし、近7年の勝ち馬の4頭は「ハイブリッド指数」2番手以内。連対馬の11頭までが「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

3番キタサンブラックは今年からG1の大阪杯を好位から抜け出して快勝。

レース内容
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて「ハイブリッド指数」=《76》超えのパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《76》超え
2_3

京都は菊花賞、天皇賞(春)を含めて、3戦3勝と得意としている。今回も好勝負必至。

「コース実績」=【3・0・0・0】
3_2

15番サトノダイヤモンドは年明け初戦の阪神大賞典を快勝。成長著しい4歳馬らしく、一戦ごとに「ハイブリッド指数」は上昇している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4_3

3番キタサンブラックと同様、京都では3戦3勝と負け知らず。

「コース実績」=【3・0・0・0】

5_2

道中の行きっぷりがよく、折り合いが課題ではある。

レース特記=「掛り気味」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

とはいえ、デビューから一度も3着を外していない安定感がある。

「全成績」=【7・1・1・0】
5_3

「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに上位。先行力、末脚ともに上位。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

1番シャケトラは日経賞を後方から豪快に差し切り勝ち。「ハイブリッド指数」=《75》は上位とは差はわずか。

「ハイブリッド指数」=《75》
6_2

スタミナがあるので、3200mは問題ない
馬特記&レース特記=「スタミ○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリア6戦と底を見せていない。

「全成績」=【4・1・1・0】

7_2

先週のフローラSは人気薄の1番モズカッチャンが最内枠を活かして勝利。1枠が5勝と開幕週の東京は明らかに内枠有利の傾向。

東京の芝は1枠が5勝
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

一方の京都も1枠が4勝、複勝率《40%》超えの好成績。1番シャケトラにとっては絶好の最内枠。

東京の芝は1枠が4勝
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

一線級相手に通用するか。【直前情報】も参考にしたい。

マイラーズCの【直前情報】
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

6番シュヴァルグランは阪神大賞典で2着。有馬記念から馬体が絞れていたのがよかったはず。

「馬体重」=474k(-4)
8

スタミナには不安がなく、ラストは確実に伸びてくる。内枠を引けたのは大きい。

レース特記=「スタミ○」「終い確実」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番ゴールドアクターは近3走が勝ち切れず。追って甘い面が出ている。時計が掛かる中山が得意なので、京都の高速馬場には不安が残る。

レース特記=「追って甘」「中山向き」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ディーマジェスティは昨秋以降は「ハイブリッド指数」は低迷。距離延長もプラスとは言えない。

「ハイブリッド指数」=《70》台前後
10

7番アルバートはダイヤモンドSの上がり最速33.4秒は上がり2位に0.7秒差でで断トツ。

上がり最速(上がり2位に0.7秒差
11

長距離戦で58kgを背負って、レースラップのラスト3F11秒台は破格。

レースラップのラスト3F11秒台
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

天皇賞(春)は「中」の人気薄が好走するレース。1番手に該当は好材料。昨年の6着以上があってよい。

「中」1番手=7番アルバート
Photo_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


16番レインボーラインは菊花賞で上がり2位、ジャパンCで上がり最速。デムーロJが引き続き手綱を取るので侮れない。

菊花賞で上がり2位、ジャパンCで上がり最速
9

皐月賞ではダンビュライトが波乱を演出。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
Photo

「ノーザンFしがらき」帰りの人気薄には常に注意が必要。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り

Photo_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


→無料サンプルはコチラから
・天皇賞(春)の「ハイブリッド新聞」
・明日の京都の「位置取りシート」(コンビニ版)
・明日の京都の「推定3ハロン分析シート」(コンビニ版)

結果は → 成績新聞

Hb_15

<京都11R天皇賞(春)の結果>
1着.3番キタサンブラック (1人気)
2着.6番シュヴァルグラン (4人気)
3着.15番サトノダイヤモンド(2人気)