■スワンSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「4角先頭馬」が2勝。逃げ&先行馬が上がり34.0秒前後をマークして、粘り込むケースが多い。

過去5年の勝ち馬は上がり33.2秒~34.0秒
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年はエイシンスパルタンが逃げ粘って3着。近6年で「推定前半3ハロン」1位の5頭が3着以内に好走している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「外厩」的には過去3年すべて「社台系」が勝利している。

「ノーザンF空港」からの放牧帰り
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


「位置取りシート」では「中」より内目の傾向。

近2年の「位置取りシート」
2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


2番レッツゴードンキは近3走で「ハイブリッド指数」=《70》超えが3回。

「ハイブリッド指数」=《70》超えが3回
2_5

1600mでは折り合いを欠くが、1400m以下では安定して走る。

レース特記=「掛り気味」「掛かる」「折合×」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」はもっとも高く、チャンスの大きな1頭。

「ハイブリッド指数」1番手
1

3番サングレーザーは3連勝でオープン入り。しかも、すべて上がり最速をマークしている。

上がり最速をマークして3連勝
4_4

折り合いに不安があるので、距離は短い方がよい。

レース特記=「掛り気味」
5_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1400mでは2戦2勝と負けていない。

「距離実績」=【2・0・0・0】
3

11番セイウンコウセイは高松宮記念でG1制覇。その後の2戦は高速決着が不向きだったか。

レース特記=「高速場×」「時計速×」
6_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1400mでも4戦3連対と好。58kgの斤量がどうか。

「距離実績」=【2・1・0・1】
4

18番カラクレナイはローズSで大敗。12kg増は仕上げ途上だったはず。

「馬体重」=496k(+12)
7_5

距離も1600mまでが向いている。

レース特記=「距離○」「距離長」
8_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

出遅れは覚悟しておいた方がよい。

「出遅れ率」=《43%》
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

17番ミスエルテは昨年から一走ごとに馬体減。

一走ごとに馬体減
9_4

精神面での成長が最大の課題。

レース特記=「落着ほし」
11_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ジューヌエコールは函館スプリントSを年長馬相手にレコード勝ち。

「ハイブリッド指数」=《70》
10_3

この馬も落ち着きが保てるかがカギ。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」「落着ほし」
12_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ダノンメジャーはオープン特別を先行策から好走。

レース特記=「ダッシ○」
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回の相手なら実力は足りるはず。

「ハイブリッド指数」=《68》
2_6

京都コースは4戦4連対とパーフェクト連対。

「コース実績」=【2・2・0・0】
3_5

「推定前半3ハロン」1位。粘り込みを警戒したい。

「推定前半3ハロン」1位=15番ダノンメジャー
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

7番キャンベルジュニアは休み明けはよく走る。12戦8連対と底を見せていない。

「全成績」=【5・3・1・3】
「休み明け成績」=【2・1・1・0】

4_6

今週から来日のシュタルケJは芝での複勝率が高い。

該当コース騎手成績
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Photo_20


<京都11Rスワンステークスの結果>
1着.3番サングレーザー  (2人気)
2着.4番ヒルノデイバロー (12人気)
3着.2番レッツゴードンキ (1人気)