■ステイヤーズSを攻略するツボ■

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年はすべて「上がり最速馬」が勝利している。2周目の4角では好位へ取りついて、早め先頭から押し切るのが好走パターン。連対馬はすべて上がり35秒以上を要しており、長距離戦向きのバテない末脚が要求される。

過去5年すべて「上がり最速馬」が勝利
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「推定3ハロン」1~3位で決着。近6年で「推定後半3ハロン」1位が2勝、2着1回、3着2回と計5頭が3着以内に入っている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的にはアルバートは別格として、「中」「外」のラインが好走している。

近2年の「位置取りシート」
Photo_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


9番アルバートはステイヤーズSを2連覇中。

「距離実績」=【2・0・0・0】
Member_kubovsakagi_com_member_hyb_9

時計、上がりの速い決着が苦手で、距離は延びれば延びるほどよい。

馬特記=「スタミ○」「上が掛○」
Member_kubovsakagi_com_hbcomment__4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アルゼンチン共和国杯は58.5kgのトップハンデが堪えたもの。年齢的な衰えはない。

「ハイブリッド指数」=《72》
Member_kubovsakagi_com_member_hy_10

一昨年、昨年に続いて、今年も「推定後半3ハロン」1位。主役の座は譲れない。

「推定後半3ハロン」1位=9番アルバート
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

2番フェイムゲームも時計、上がりが掛かる条件でこそ。

馬特記=「スタミ○」「荒馬場○」「時計掛○」
Member_kubovsakagi_com_hbcomment__5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

目黒記念で上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク

Member_kubovsakagi_com_member_hy_12

今年のメンバーなら上位を争えるはず。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
Member_kubovsakagi_com_member_hy_11

4番シルクドリーマーは「ハイブリッド指数」的には上位とは差がある。8歳馬で上積みに欠ける。

「ハイブリッド指数」=《60》台中盤
Member_kubovsakagi_com_member_hy_13

5番プレストウィックはアルゼンチン共和国杯で9着。上がりの速い東京が不向き。

上がり3位
Member_kubovsakagi_com_member_hy_14

距離延長、上がりが掛かる中山の方がよい。

馬特記&レース特記=「上が掛○」
Member_kubovsakagi_com_hbcomment__6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「基準ハイブリッド指数」を超えているのは9番アルバートのみ。今年は例年以上に低レベル。

「基準ハイブリッド指数」超えは1頭のみ
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Photo_30
<中山11Rステイヤーズステークスの結果>
1着.9番アルバート    (1人気)
2着.2番フェイムゲーム  (2人気)
3着.7番プレストウィック (3人気)