■関屋記念を攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

新潟の長い直線を意識するためか、マイル重賞にしてはペースは全く上がらない。その結果として、過去5年の勝ち馬はすべて4角6番手以内で立ち回っている。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
4_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB+前半」印2つ入りからの勝ち馬。「HB」印は注以上で5番人気まで。前走で1600万、OP特別の1着馬でも↑の条件を満たしていれば勝てるレース。「格」的なものにはあまり拘りなし。

相手も「HB」印入りでほぼ大丈夫。無印でも前走でOP2着以内なら押さえるべき。「後半」▲以上の人気薄は3連系なら必要。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では、1番手内目からの勝ち馬。2番手からであれば「後3F地点」1列目+「中」より内目。どちらにせよ「中」より内目。毎年人気になる展開マーク「@」は勝ちきれず。

近2年の「位置取りシート」
1_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


15番ウインガニオンは3連勝でCBC賞を制覇。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《70》
5_2

高速決着に対応できたのは収穫。

レース特記=「時計速○」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

新潟で2勝しており、コース替わりも問題ない。

「コース実績」=【2・0・0・1】
6_2

6番メートルダールは新潟大賞典で上がり2位をマークして3着。

新潟大賞典で上がり2位
7_2

堅実な末脚が大きな武器で、上がりの速い決着も得意。

レース特記=「終い確実」「瞬発力○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

何より、鞍上のデムーロJが強力。

該当コース騎手成績
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

12番ブラックムーンはCBC賞は重い芝が不向き。

馬特記&レース特記=「芝軽い○」「芝重い×」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近2走は断トツの上がりをマーク。新潟コースの軽い芝の方がよいはず。

近2走は断トツの上がりをマーク
12

11番ヤングマンパワーは昨年の覇者。追って頭の上がる面があるので、石橋Jが巧く乗りこなせるか。

馬特記&レース特記=「追頭上る」「R中頭高」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番ダノンプラチナは近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え。G1馬の能力は一枚上。9ヶ月ぶりで仕上がりがどうかだが、休み明けは3戦すべて3着以内。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
「休み明け成績」=【1・0・2・0】

13

【直前情報】も参考にしたい。

レパードSの【直前情報】
5
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番クラリティスカイや休み明けでも「追切指数」、「乗込指数」が高い。

「追切指数」2位&「乗込指数」1位
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

14番ロードクエストはパラダイスSで5着だが、休み明けで馬体に余裕もあったはず。

「馬体重」=462k(+12)
8_2

マイルCSを含めて、近4走すべて上がり2位以内。

近4走すべて上がり2位以内
9

出遅れ癖が治らないので、距離延長、直線の長いコースは向く。

「出遅れ率」=《64%》
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

新潟はデビュー2戦目の新潟2歳Sを圧勝した舞台。「推定後半3ハロン」1位。ベストの距離&舞台なら、豪快に突き抜けられていい。

「推定後半3ハロン」1位=14番ロードクエスト
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_7

<新潟11R関屋記念の結果>
1着.3番マルターズアポジー(7人気)
2着.15番ウインガニオン  (4人気)
3着.10番ダノンリバティ  (5人気)