■札幌記念を攻略するツボ■

Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の4頭が4角4番手以内。その一方、勝ち馬の4頭が上がり3位以内。先行して上位の上がりをマークするか、4角で好位へ押し上げておく必要がある。

好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近年の勝ち馬は「後半」上位から。函館のトウケイヘイローを除けば「後半」印注以上。ゴールドシップ、モーリスと1倍台でも勝ちきれず。春のG1連対馬だと、ここを勝ちに来ていない分最後甘くなる傾向。

G2 ・G3を本気で獲りに来る馬、クラシックからの3歳馬の方が有利。昇級初戦は全く通用せず。格はそれなりに重要。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」
では1番手内目中心も、近年は外目。特に「外」ライン、2番手以降からの勝ち馬。

昨年の「位置取りシート」
2_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


3番ヤマカツエースは近走はコンスタントに「ハイブリッド指数」=《70》超えをマーク。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
3_4

上がりの掛かる条件は得意なので、札幌コースは問題ない。

レース特記=「上が掛○」「芝重い○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手。2000mには実績がある。

「距離実績」=【4・0・2・4】
2_2

13番エアスピネルの安田記念は仕掛けが遅れたので、スムーズに捌けていれば際どかったはず。

レース内容
レース特記=「仕掛け遅」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には3番ヤマカツライデンと差はない。ルメールJがどう乗りこなすか。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
5_3

ルメールJは複勝率が《63.0%》と驚異的な数字。

該当コース騎手成績
Photo_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定前半3ハロン」4位&「推定後半3ハロン」4位。本来の先行策から早めに抜け出すか。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

5番マウントロブソンは福島TVオープンを快勝。

「ハイブリッド指数」=《69》
6_3

2000mは5戦4連対と得意としている。

「距離実績」=【2・2・0・1】
1_3

モレイラJは昨年は騎乗機会7連勝を達成するなど、実力は世界でも屈指。

モレイラJの成績
8
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「騎手成績一覧」

7番サウンズオブアースはドバイ遠征以来の実戦。

レース内容
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

【直前情報】も参考にしたい。

関屋記念の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

4番ロードヴァンドールは金鯱賞で逃げ粘って2着。ただし、展開が向いた面が大きい。楽に逃げられるかがすべて。

レース特記=「R息入る」「展開向く」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ツクバアズマオーは渋った馬場が苦手なので、良馬場は歓迎ではある。

レース特記=「渋馬場×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」=《70》には達しておらず、格的に見劣る。

「ハイブリッド指数」=《60》台中盤
9

12番マイネルミラノは小回りコースに実績がある。札幌コースは向いている。

馬特記&レース特記=「中山向き」「小回向き」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」=《70》超えが3頭。秋のG1に繋がるハイレベルな一戦。

「ハイブリッド指数」=《70》超えが3頭
Photo_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Photo_35

<札幌11R札幌記念の結果>
1着.1番サクラアンプルール(6人気)
2着.2番ナリタハリケーン (12人気)
3着.3番ヤマカツエース  (1人気)