■ローズSを攻略するツボ■

秋最初の重賞の紫苑Sは単行本「京大式 推定3ハロン パーフェクトブック」の【袋とじ】にも取りあげたディアドラが快勝。

Photo
単行本「京大式 推定3ハロン パーフェクトブック」の【袋とじ】より

そして、京成杯AHは「推定後半3ハロン」1位の6番グランシルク、2位の3番ガリバルディで決着して、30万円超えの払い戻し。

「推定後半3ハロン」1位=6番グランシルク
Photo_37
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

4211_2
枠連 19.7×5000円=9万8500円
馬連 40.5×5000円=20万2500円
購入3万5000円 払戻30万1000円


さて、明日の「ローズS」も的中させたいもの。

2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が1勝、2着3回。連対馬はすべて上がり4位以内をマーク。実力がストレートに反映される舞台で、本番の秋華賞に直結する。

ローズSの傾向
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「ハイブリッド指数」1番手が4連対。近7年すべて勝ち馬は「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。「推定後半3ハロン」を重視するレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

17番ファンディーナはデビューから3戦すべて上がり最速をマークして圧勝。3戦目で「ハイブリッド指数」=《60》超えは高い潜在能力の証。

「ハイブリッド指数」=《62》
上がり最速をマーク

2_5

ディープ産駒らしい瞬発力が最大の武器。

馬特記&レース特記=「上が速○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

春は月1走のペースで使われて、一戦ごとの馬体減が堪えた。

一戦ごとの馬体減
2_6

「推定後半3ハロン」1位。同世代の牝馬同士なら瞬発力は一枚上。

「推定後半3ハロン」1位=17番ファンディーナ
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】を参考にしたい。

セントウルSの【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

6番リスグラシューはオークスで折り合いを欠いて5着。3ハロンの距離短縮は好材料。

レース特記=「掛かる」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

渋った馬場でも対応できる。

レース特記=「芝重い○」「渋馬場○」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この馬もどれだけ馬体が回復してくるか注目したい。

一戦ごとの馬体減
3_4

2番モズカッチャンはオークスで4角5番手→上がり3位をマークして2着。

4角5番手→上がり3位

4_4

最内枠を活かし切ったとはいえ、決してフロックではない好走。

レース特記=「内枠○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
5_2

鞍上のデムーロJが強力。

該当コース騎手成績
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

5番ミリッサは有松特別で上がり最速をマークしてレコード勝ち。410kg台の小柄な牝馬なので、馬体の維持が好走の条件。

上がり最速をマーク
馬体重=414kg
6_2

10番レーヌミノルは桜花賞を制覇。オークスは2400mの距離が最大の敗因。

レース特記=「距離長」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神コースは3戦すべて3着以内と好相性。

「コース実績」=【1・1・1・0】
7

15番カラクレナイは桜花賞で上がり2位をマーク。関西圏のレースなら見直しは必要か。

桜花賞で上がり2位
8

結果は → 成績新聞

Hb_7
<阪神11Rローズステークスの結果>
1着.14番ラビットラン   (8人気)
2着.16番カワキタエンカ  (6人気)
3着.6番リスグラシュー  (3人気)