■クイーンSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の4頭が4角2~5番手で立ち回っている。その一方、勝ち馬の4頭が上がり4位以内。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB」系のレース。上記の2頭も「HB」印は注と上位でのもの。WIN5では1・2番人気はオートで、更に、「HB」注以上を加える。点数は増えますが他を絞ってカバー。

「HB」印◎○で連対馬は確保出来るので、普通の馬券であれば相手探し。「HB」印入り、「後半」上位、前走G1。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

12番アドマイヤリードは3連勝でヴィクトリアMを制覇。重い馬場を苦にしていないので、洋芝は問題ないはず。

レース特記=「渋馬場○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇して、4歳にして本格化している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
3_4

1800mも5戦4連対だからこなせる。脚質的に小回りの札幌がどうか。

「距離実績」=【2・2・0・1】
2

「社台系」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンF空港」からの放牧帰り
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


ルメールJなら3着以内には絡むか。

該当コース騎手成績
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

2番アエロリットはNHKマイルCで初G1制覇。3歳馬なので上積みが見込めるし、3kgの斤量面のアドバンテージは大きい。

「ハイブリッド指数」=《66》
4_3

行きたがる面があるので、距離延長が課題となる。

馬特記&レース特記=「行たがる」「掛り気味」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番マキシマムドパリはマーメイドSで重賞2勝目。近走は「ハイブリッド指数」=《60》台後半で安定している。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
5_3

距離短縮も問題ない。

「距離実績」=【2・1・3・1】
3

4番クインズミラーグロは近4走すべて重賞で3着以内に善戦。

「ハイブリッド指数」=《66》
6_2

勝ち切るにはワンパンチ欲しいので、時計が掛かって欲しいところ。

馬特記=「時計掛○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番パールコードは芝ではキャリアが8戦と浅い。芝では見直しが必要。

「芝成績」=【2・2・1・3】
7_2

1番トーセンビクトリーは1600mでは距離が短く、2000mの前走は掛り気味。

レース特記=「距離短」「掛り気味」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1800mでは中山牝馬S勝ちの実績がある。

「距離実績」=【4・1・3・2】
4

8番クロコスミアは二階級降級の北斗特別を逃げ切り勝ち。

馬特記&レース特記=「ダッシ○」「先行力○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

先行力があるので、直線の短い札幌は向いている。

「推定前半3ハロン」1位=8番クロコスミア
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Photo_3

<札幌11Rクイーンステークスの結果>
1着.2番アエロリット   (2人気)
2着.1番トーセンビクトリー(6人気)
3着.4番クインズミラーグロ(8人気)