■新潟大賞典を攻略するツボ■

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

→今週の無料サンプルはコチラから
・NHKマイルCの「ハイブリッド新聞」(前日版)
・明日の東京の「位置取りシート」(コンビニ版)
・明日の東京の「推定3ハロン分析シート」(コンビニ版)

過去5年の前後半の平均は35秒7-34秒8、後傾0秒9のスローペース。ただし、上がり5位以下の馬券絡みは2頭のみ。勝ち馬はすべて上がり4位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり4位以内
1_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近3年は「ハイブリッド指数」1番手が3着。近7年で「ハイブリッド指数」ノーマークが4勝しており、ハンデ戦でチャンスのある人気薄の台頭が多い。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」的な特徴が薄い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

11番メートルダールはアメジストSを「ハイブリッド指数」=《66》、「レースレベル」=《A》で快勝。準オープンでは力が違った。

「ハイブリッド指数」=《66》
「レースレベル」=《A》

2_8

3歳時には京成杯、共同通信杯でも3着に好走。相手なりに走れるタイプ。

「全成績」=【4・1・4・2】
3_8

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりもよいはず。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
4
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


「推定後半3ハロン」1位。重賞でも末脚は最上位。2000mはベスト。

「推定後半3ハロン」1位
「距離実績」=【3・0・0・1】
3

7番ジュンヴァルカンは日経賞で9着。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4_7

スタートが悪いのがどうか。スタミナ面が武器なので、距離短縮も課題。

レース特記=「スタ悪い」「スタミ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番サンデーウィザードは「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇して地力強化著しい。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
5_6

器用さに欠ける面があるので、多頭数がどうか。

馬特記=「少頭数○」
4_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ロンギングダンサーは同舞台の新潟大賞典で3着。ただし、近走の「ハイブリッド指数」は低迷している。

「ハイブリッド指数」は低迷
6_4

鞍上次第の面が大きい。

該当コース騎手成績
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

8番フルーキーはトップハンデ57.5kgを背負う。

トップハンデ=赤色で表示
6

昨年の新潟大賞典は同斤量で2着。近走も「ハイブリッド指数」は《68》をマークしている。

「コース実績」=【0・1・0・0】
「ハイブリッド指数」=《68》

7_4

時計、上がりの速い決着は得意としている。7歳でも侮れない。

馬特記=「時計速○」「上が速○」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16頭立てのハンデ戦。波乱の余地は大きい。

16頭立てのハンデ戦
7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Photo_36

<新潟11R新潟大賞典の結果>
1着.2番サンデーウィザード(3人気)
2着.6番マイネルフロスト (11人気)
3着.11番メートルダール  (1人気)