■NHKマイルCを攻略するツボ■

競馬界にはゴールデンウィークが無関係ですが、少しでも"休日気分"をと例の高中氏が、焼肉「請来軒(ちんらいけん)」へ連れて行って下さった。場所は十三駅の西口の改札を出た真ん前。

1_3

新鮮な「生センマイ」をボンズで。

1_2

厚切りの「塩タン」

2_3

4_2

サシの入った「クラシタ」「イチボ」「カイノミ」などの上肉の数々。

3_2

5

「上ミノ」など、ホルモン盛り合わせ。

6

そして、名物の秘伝の「焼き飯」

7

十三駅西口の大火災後の仮店舗から、現在は内観も新たに新店舗にて営業。昭和36年創業の老舗の有名店。オーナー、スタッフはみんな競馬が大好きらしく、約2時間の間、ズッと競馬の話題で持ち切り。先週の天皇賞(春)、今週のNHKマイルCの話だけでなく、数十年前の裏話まで…。


帰ってから週中にネットで調べてみると、店のブログを発見。例の高中氏が帰り際に「ほんのきもち」を手渡していたようで、ブログにも「T氏」として登場。いつも、ご馳走様です。

2_4
「請来軒のブログ」

ダービーを含めて、大レースが続くので、気合いを入れ直して予想に取り組みます(特に今春のG1の結果はイマイチですので)。

さて、波乱含みの「NHKマイルC」を分析。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

→今週の無料サンプルはコチラから
・NHKマイルCの「ハイブリッド新聞」(前日版)
・明日の東京の「位置取りシート」(コンビニ版)
・明日の東京の「推定3ハロン分析シート」(コンビニ版)


過去5年で「4角先頭馬」が3勝。すべて1番人気に応えており、実力があれば逃げ切りが可能ではある。

過去5年で「4角先頭馬」が3勝
7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近3年連続して「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入りが勝利。そして、近7年で「ハイブリッド指数」3番手以内が実に6勝。勝ち馬の6頭が「推定後半3ハロン」5位以内に該当。上位の上がりは要求される。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

4番カラクレナイは桜花賞で上がり2位をマークして4着。「ハイブリッド指数」=《60》超えと上々。

上がり2位
「ハイブリッド指数」=《61》

1_6

全5戦すべて上がり2位以内をマーク。

全5戦すべて上がり2位以内をマーク
2_5

「推定後半3ハロン」2位。直線の長い東京コースは向く。

「推定後半3ハロン」2位
1_2

1番モンドキャンノはスプリングSで10着。行きたがる面があるので、1800mは長い。

レース特記=「行たがる」「距離長」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

朝日杯FSのパフォーマンスなら、今回のメンバーでは勝ち負け可能。

「ハイブリッド指数」=《57》
3_4

今回は「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り。仕上がりは問題ないはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


ルメールJは東京1600mの複勝率が《50%》と高い。

該当コース騎手成績
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番アウトライアーズは皐月賞で12着と大敗。

「ハイブリッド指数」=《58》
4_5

時計の速い決着に実績が不向きだったか。

レース特記=「高速場×」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの掛かる中山の方が向いている。

馬特記=「渋馬場○」「上が掛○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ボンセルヴィーソは近4走すべて4角3番手以内で立ち回っている。

近4走すべて4角3番手以内
7_2

しかも、ニュージーランドTでは大外枠から、出遅れを挽回して3着。

レース内容
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

オープンで4戦して3着を外していないのは立派。勝ち味に遅い反面、相手なりに走れるタイプではある。

「クラス成績」=【0・2・2・0】

8

「位置取りシート」的には「最内」の1番手はよい傾向。

今年の「位置取りシート」
4_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


15番レッドアンシェルはアーリントンCで皐月賞2着馬のペルシアンナイトに次ぐ上がり2位をマーク。

アーリントンCで上がり2位
9

一戦ごとの馬体増は成長の証。

一戦ごとの馬体増

10

12番ミスエルテは「ハイブリッド指数」は《50》前後で低迷。

「ハイブリッド指数」=《50》前後
1_7

しかも、一戦ごとに馬体重が減っている。テンションが高い面があるので、長距離輸送は大きな課題。

レース特記=「落着ほし」
4_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

【直前情報】も参考にしたい。

天皇賞(春)の【直前情報
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

7番ジョーストリクトリはニュージーランドTを快勝。展開が向いたのは確かなので、今回は真価が問われる一戦となる。

「ハイブリッド指数」=《55》
2_6

8番タイムトリップはクロッカスS、ニュージーランドTで上がり最速をマーク。直線の長い東京は向いている。

2走続けて上がり最速をマーク

3_5

16番アエロリットは桜花賞で4番カラクレナイと並んで上がり2位タイ。外を回る距離ロスがあったので、「ハイブリッド指数」は《62》と高い。

桜花賞で上がり2位
「ハイブリッド指数」=《62》

5_4

1600mで連対を外したのは前走だけ。

「距離実績」=【0・3・0・1】
3_2

「推定後半3ハロン」1位。牡馬相手でも末脚は勝るとも劣らない。

「推定後半3ハロン」1位=16番アエロリット
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

昨年のNHKマイルCは前後半5傑入りのメジャーエンブレムが勝って、「推定後半3ハロン」1位のロードクエストが2着。

「推定後半3ハロン」1位、3位で決着
3f_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

そして、3着に12人気のレインボーラインが入って、3連複「11190円」の万馬券が的中。今年も「推定後半3ハロン」重視で万馬券が獲れるか。大混戦ムードなので、馬券的には面白いレース。

3611
3連複 111.9×1000円=11万1900円
購入5万500円 払戻11万1900円

結果は → 成績新聞

Photo_39

<東京11RNHKマイルカップの結果>
1着.16番アエロリット   (2人気)
2着.14番リエノテソーロ  (13人気)
3着.6番ボンセルヴィーソ (6人気)