■根岸Sを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内。勝ち馬の4頭が4角10番手以降から差し切っている。上がり34~35秒台が要求されるので、速い上がりへ対応できるかがポイント。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
上がり34~35秒台への対応力が必要

2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が3連対、勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」5番手以内に該当。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

東京1400mはあまりペースは速くはならないものの、上がり34~35秒台の速い上がりが要求されており、2012~15年まで4年連続して「推定後半3ハロン」1位が連対している。

2012年の「推定3ハロン」
2012

2013年の「推定3ハロン」
2013_2

2014年の「推定3ハロン」
2014

2015年の「推定3ハロン」
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

4年前が3連複21点買いで「15560円」の万馬券。

★2013年の3連複万馬券★
1211
単勝 12.8×3000円=3万8400円
馬連 13.8×2000円=2万7400円
3連複 155.6×500円=7万7800円
購入1万7500円 払戻14万3600円

そして、3年前が3連複15点買いで「29140円」の2万馬券が的中。「ハイブリッド指数」「推定後半3ハロン」で儲けやすいレース。

★2014年の3連複2万馬券★
1211
単勝 7.5×5000円=3万7500円
3連複 291.4×500円=14万5700円
購入1万2500円 払戻18万3200円

5番ベストウォーリアは3走連続して2着と好走。地方交流重賞のレースレベルは「ハイブリッド指数」で判断できる。

「ハイブリッド指数」=《69》~《72》
3_3

レースセンスのよさが持ち味のひとつ。休み明けも苦にならない。

馬特記=「鉄砲○」
レース特記=「立回り○」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りで仕上がりはよい。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


15番ベストマッチョはデビューから5戦4勝、2着1回とパーフェクト連対。しかも、すべて東京コースに使われている。

「全成績」=【4・1・0・0】
「コース実績」=【4・1・0・0】

6

近3走すべて上がり35秒台は優秀だが、条件戦で上がり最速でない点は不満。

近3走すべて上がり35秒台
7

ルメールJ騎乗なら、上位争いまでは可能か。

該当コース騎手成績
9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

4番ニシケンモノノフは兵庫GTで初重賞制覇。ただし、「ハイブリッド指数」はそれほど高くはない。あくまで上位争いの1頭。

「ハイブリッド指数」=《69》
8

14番キングズガードは近3走すべてオープン以上で上がり35秒台、上がり4位以内をマークしている。

近3走すべて上がり35秒台、上がり4位以内

9

1400m戦では18戦して3着を外したのは一度だけ。巻き返しを警戒したい。

「距離実績」=【7・5・5・1】

5

16番ノボバカラはカペラSで4番ニシケンモノノフに快勝。「ハイブリッド指数」は《74》と高い。

「ハイブリッド指数」=《74》
11

中央の1400m戦は4戦3勝、3着1回だから、距離延長は問題ない。前走の敗戦に人気を落とし過ぎの印象。

「距離実績」=【3・0・1・0】
6

13番エイシンバッケンは3走前、2走前に上がり34秒台をマーク。

3走前、2走前に上がり34秒台をマーク
2_4

ダートで3着を外したのは一度だけ。1400mも得意としている。

「ダート成績」=【5・3・2・1】
「距離実績」=【2・2・1・0】

7

1番ブルミラコロは近2走は折り合いを欠きながら快勝。重賞の速いペースの方が向く印象。

レース特記=「行たがる」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全12戦で10連対と抜群の安定感を誇っている。J今回のメンバーは1400mで安定感を誇っている馬が多い。

「距離実績」=【5・4・0・1】
「全成績」=【5・5・1・1】
8

3番カフジテイクは「ハイブリッド指数」が一戦ごとに上昇。しかも、近4走すべて上がり2位以内をマークしている。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
近4走すべて上がり2位以内

4_2

出遅れ癖は治らないが、ラストは確実に伸びてくる。

レース特記=「スタ悪い」「終い確実」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

直線の長い東京コースは好相性。

「コース実績」=【2・0・1・0】
5

「推定後半3ハロン」1位。前半は後方で折り合いにだけ専念すれば、芝並みの上がり34秒台の末脚で豪快に伸びてくるはず。

「推定後半3ハロン」1位=3番カフジテイク
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Photo_39 <東京11R根岸ステークスの結果>
1着.3番カフジテイク   (1人気)
2着.5番ベストウォーリア (3人気)
3着.13番エイシンバッケン (4人気)