■みやこSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年はペースが速く、時計も速い。とはいえ、勝ち馬はすべて4角8番手以内で立ち回っている。

過去5年すべて前傾ラップ
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB・前半・後半」印、どれもあまり差がない。安定しているのは「HB」印上位の▲以上。勝ち馬はほぼここから。「前半・後半」印であれば、「注」以上を中位人気で相手に拾う。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

15番エピカリスは海外遠征帰り初戦のレパードSで3着。

「ハイブリッド指数」=《62》
3_3

ゴチャついて、スムーズ差を欠きながら、上々の内容。

レース特記=「ゴチャ」「スム欠く」
4_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

右前の蹄の状態が気になるので、【直前情報】も参考にしたい。

レパードS時の右前蹄
1
→京介さんのツイッターより

16番テイエムジンソクは近3走は1700mで高いパフォーマンスを発揮。

「ハイブリッド指数」=《74》
5_3

1800mでも3勝をあげており、距離延長も問題ない。

「距離実績」=【4・2・0・3】
2

近走は好位追走から、上がりも速いので、前後半5傑入りに該当している。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

1番モルトベーネはアンタレスSを快勝。

「ハイブリッド指数」=《73》

6_3

シリウスSは2000mが長かったか。距離短縮で巻き返しを一考。

レース特記=「距離長」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番アスカノロマンは近走は5着が最高だが、「ハイブリッド指数」は《70》と上々。

「ハイブリッド指数」=《70》
8_2

集中力を取り戻せるかがすべて。

レース特記=「舌ハミ越」「集中力×」
9_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番キングズガードは天保山S、プロキオンSで上がり最速をマーク。

近3走中で上がり最速が2回
10_2

久々の1800mさえ克服できれば、大外一気に強襲できる。

「距離実績」=【0・1・0・0】

3

9番シャイニービームはスタミナが武器。時計勝負ではやや分が悪い。

馬特記&レース特記=「スタミ○」「乾ダ○」
11_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番ローズプリンスダムはレパードS以来の実戦。どれだけ「ハイブリッド指数」が上向くかどうか。

「ハイブリッド指数」=《62》
12

8枠の2頭に人気が集中しているが、他馬もそれほど実力差はない。中波乱が想定できる。

「基準ハイブリッド指数」超えが5頭
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Photo_42


<京都11Rみやこステークスの結果>
1着.16番テイエムジンソク (2人気)
2着.10番ルールソヴァール (9人気)
3着.12番キングズガード  (3人気)