■マーメイドSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の3頭が4角5番手以内で立ち回っている。直線が短い内回り戦なので、あまり後方過ぎては差し届かない。その一方、過去5年の勝ち馬の4頭が上がり3位以内。上位の上がりは要求されている。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり3位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で勝ち馬の4頭が「ハイブリッド指数」4番手以内。そして、近5年で「推定後半3ハロン」1位は4頭が馬券絡み。1000万下、1600万下で敗戦→軽ハンデで好走のパターンが多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5番トーセンビクトリーは中山牝馬Sで初重賞制覇。軽ハンデ53kgが向いたので、「ハイブリッド指数」は高くはない。

「ハイブリッド指数」=《66》
2_5

阪神牝馬Sから距離延長は好材料。

レース特記=「距離短」

9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」はノーマーク。トップハンデ56kgは見込まれ過ぎの印象。

「ハイブリッド指数」ノーマーク
トップハンデ=赤色で表示
1

10番マキシマムドパリは愛知杯で初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《68》

3_3

大阪城Sは直線で前が壁にならなければ、勝ち負けに加わっていたはず。

レース特記=「スム欠く」「ゴチャ」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神コースに実績あり。

「コース実績」=【2・2・1・2】
4_3

「推定後半3ハロン」1位。牝馬同士&適距離なら、ハンデ55kgでも末脚は最上位。

「推定後半3ハロン」1位=10番マキシマムドパリ
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

4<br /><br />クインズミラーグロは重賞で3走連続して3着。「ハイブリッド指数」は《60》台中盤で安定している。

「ハイブリッド指数」=《60》台中盤

5_3

時計、上がりの掛かる条件は向いている。

馬特記=「渋馬場○」「時計掛○」

2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ビッシュは近3走は二桁着順に大敗。放牧帰りで馬体が増えているかチェック。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
2_3
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


2番バンゴールは近走は条件戦で上位の上がりをマーク。軽ハンデ51kgなら「ハイブリッド指数」的には足りる。

上がり3位以内
「ハイブリッド指数」=《60》超え

6_3

詰めの甘い面がある反面、相手なりに走れるタイプかもしれない。

「全成績」=【4・2・3・6】
7_3

過去5年で53キロ以下の軽ハンデ馬が8連対。

荒れる牝馬限定のハンデ重賞
8_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

格上挑戦でも互角に戦えるレ9年連続して3連複で万馬券決着。荒れる前提で考えたい。

「挑」(=格上挑戦)
3

結果は → 成績新聞

Photo_35

<阪神11Rマーメイドステークスの結果>
1着.10番マキシマムドパリ (3人気)
2着.4番クインズミラーグロ(2人気)
3着.1番アースライズ   (6人気)