■小倉2歳Sを攻略するツボ■

3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は33秒1-35秒3。すべて前半32秒7~33秒4、前傾1秒4以上のハイラップを刻んでいる。夏の時点の2歳馬にとってはペースが厳しく、先行力だけで押し切るのは難しい。

過去5年すべて前傾1秒4以上のハイラップ
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手の5頭が馬券絡み。初戦である程度は高いパフォーマンスを示している必要はある、

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では内目有利。内目+内枠の人気馬が勝ち馬の候補。該当馬が居ない時には荒れる可能性アリ。

近2年の「位置取りシート」
3_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


14番アイアンクローは新馬勝ちの後、フェニックス賞で3着。気性が若く、レースぶりは幼い。

レース特記=「ムキ走る」「気性若い」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的にも抜けて高い訳ではない。

「ハイブリッド指数」=《38》
4_2

11番モズスーパーフレアは新馬戦を好時計で快勝。2着馬と0.1秒差ながら、「ハイブリッド指数」は《46》と高い。

「ハイブリッド指数」=《46》
5_2

レースラップのラスト1Fも11秒台と上々。

レースラップのラスト1F11.8秒
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」5位&「推定後半3ハロン」1位。2戦目で時計短縮の可能性も十分にある。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
C11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

7番ペイシャルアスも前後半5傑入り。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《46》
1

9番ヴァイザーの初戦は前後半33.7秒-36.6秒、前傾2.9秒のハイラップを押し切り勝ち。

前後半33.7秒-36.6秒(前傾2.9秒のハイペース)
6_2

レースセンスがよく、速いペースにも対応可能。

レース特記=「R振スム」「P速い○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

17番アサクサゲンキは近2走は芝で上がり最速をマーク。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

近2走は上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇

7_2

4番フローラルシトラスは未勝利勝ちの「ハイブリッド指数」が低い。

「ハイブリッド指数」=《36》
8_2

小柄な牝馬で、非力な面が目立つ。

馬特記=「完歩小さ」「非力」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16番スーサンドンは初戦の「ハイブリッド指数」=《37》は上々。

「ハイブリッド指数」=《37》
9_2

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

デイリー杯2歳Sの【直前情報】
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

11

<小倉11R小倉2歳ステークスの結果>
1着.17番アサクサゲンキ  (3人気)
2着.14番アイアンクロー  (5人気)
3着.10番バーニングペスカ (7人気)