■京成杯AHを攻略するツボ■

本日の紫苑Sは「推定後半3ハロン」1位のディアドラが大外一気に差し切り勝ち。

「推定後半3ハロン」1位
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単行本「京大式 推定3ハロン パーフェクトブック」でも"袋とじ"の今秋の注目馬の84頭中の1頭にとりあげたので、ひとまず秋華賞へ駒を進めてくれてホッと一息。

Img_7487_2

Img_7488
単行本「京大式 推定3ハロン パーフェクトブック」


さて、明日も"袋とじ"の注目が好走する??

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」は12年レオアクティブ、15年フラアンジェリコ、16年ロードクエストと実に3勝。特に近年は開催前にエアレーション作業を実施している影響か、開幕週から外差しが決まる傾向がある。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

ここ2年は開幕週でも差し馬が上位を占めています。エアレーション効果でしょうか。JRAの馬場発表は忘れずにチェックしておきましょう。とにかく、騎手なら断然に田辺裕信騎手。

「後半」印◎は過去3勝。「後半」印に関しては▽の1番薄いところまで連系の馬券であれば拾っておくべき。

前走でOP特別・1600万勝ちでも55kg未満であれば頭まで狙えます。G1組だと2桁着順であろとう結構大丈夫。クラレントを除けば57kg以上は厳しい結果。2着まで。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「NF」系の「外厩」帰りは人気薄で。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


「位置取りシート」だと、勝ち馬は外目から。特に2番手以降からが続いています。

外目が優勢
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


6番グランシルクはオープン、重賞で善戦続き。常に上位の上がりをマーク。

「ハイブリッド指数」=《65》超え
近4走すべて上がり3位以内

2_4

中山コースに実績がある。勝ち味に遅い点がどうかだけ。

「コース実績」=【2・3・3・2】
「クラス成績」=【0・4・4・6】

3_5

「推定後半3ハロン」1位。今回はキッチリと差し切ってみせるか。

「推定後半3ハロン」1位=6番グランシルク
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

5番マルターズアポジーは関屋記念を前後半35.2秒-34.3秒、後傾0.9秒のスローペース逃げ切り勝ち。

「ハイブリッド指数」=《71》
6_3

現役屈指のダッシュ力の持ち主。1600mの距離が合うかもしれない。

「4角5番手内率」=《100%》
「距離実績」=【2・0・1・1】
3

2番ボンセルヴィーソはオープンでは7戦すべて3着以内の安定感。

「クラス成績」=【0・2・3・0】
7_4

1600mでも好成績をあげている。マルターズアポジーを見る形でレースを運ぶか。

「距離実績」=【0・1・3・1】
4

8番ブラックスピネルは安田記念は大敗も、4歳となってから充実している。

「ハイブリッド指数」=《71》
8_2

13番ダノンリバティは近3走で「ハイブリッド指数」=《68》が2回。G2では実力的に見劣っても、G3のハンデ戦なら上位争いできてよい。

「ハイブリッド指数」=《68》
9_2

「ハイブリッド指数」的に混戦ムード。

「基準ハイブリッド指数」付近に多数が該当
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Photo_35


<中山11R京成杯オータムハンデキャップの結果>
1着.6番グランシルク   (1人気)
2着.3番ガリバルディ   (11人気)
3着.13番ダノンリバティ  (6人気)