■京成杯を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。直線が短い中山コースでも外差しが効いている。

過去5年の勝ち馬は上がり3位以内
1_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手が4連対。2勝馬の好走が多い証拠かもしれない。「推定後半3ハロン」1位は4頭が馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番サーベラージュの初戦は4角先頭から、上がり最速をマークして0.6秒差V。「ハイブリッド指数」の《46》はかなり高い。

4角先頭→上がり最速をマークして0.6秒差V
「ハイブリッド指数」=《46》

2_7

時計の掛かる馬場だったので、レースラップのラスト3Fすべて11秒台は優秀。

レースラップのラスト3Fすべて11秒台
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

新馬戦後は「山元トレセン」へ放牧に出して、成長しているはず。

「山元トレセン」からの放牧帰り
Photo_4
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


あとはムーアJからの乗り替わりがどうか。

該当コース騎手成績
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

2番マイネルスフェーンはホープフルSで2着と好走。「ハイブリッド指数」=《49》なら、今回のメンバーでは上位ではある。

「ハイブリッド指数」=《49》

3_7

2戦目以降は3着以内を外していない堅実性は武器。

「全成績」=【1・2・3・1】
4_5

上がりが掛かる中山も向いている。

「コース実績」=【0・1・1・0】
3

4番ポポカテペトルの前走は直線半ばまで前が壁でゴチャつくシーン。力負けした訳ではなく、キャリア2戦と底をみせていない。

レース特記=「ゴチャ」
レース内容=「直線半ばまで壁」

2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番ベストリゾートはホープフルSで4着。4角で大外を回るロスがあったので、2着の2番マイネルスフェーンと「ハイブリッド指数」的に差はない。

「ハイブリッド指数」=《48》
5_3

近2走は出遅れているので、今回もスタートがカギになる。

レース特記=「スタ悪い」「ダッシ×」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番コマノインパルスは葉牡丹賞で上がり2位をマークして2着。勝ち馬レイデオロが強過ぎただけ。この馬も今回のメンバーでは上位の1頭。

「ハイブリッド指数」=《49》
6_3

3番イブキは2戦目の新潟2歳Sで3着。4ヶ月ぶりの実戦で仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

フェアリーSの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

10番アダムバローズはメンバー中で唯一の2勝馬。京都2歳Sは行たがる面があって、不利も堪えた。単騎逃げなら巻き返しもあり得る。

レース特記=「行たがる」「不利」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年は本命のメートルダールが2人気で3着、単穴のケルフロイデが7人気で2着。

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【久保コラム】

3連複「11280円」の万馬券、ワイド「1180円」が的中して17万円超えの払い戻しが。

★3連複万馬券★
1611
3連複 112.8×1000円=11万2800円
ワイド 11.8×5000円=5万9000円
購入2万6000円 払戻17万1800円

結果は → 成績新聞

Hb

<中山11R京成杯の結果>
1着.8番コマノインパルス (1人気)
2着.11番ガンサリュート  (7人気)
3着.2番マイネルスフェーン(3人気)