■京王杯2歳Sを攻略するツボ■

2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

キャリアの浅い2歳戦で折り合いを重視する馬が多いため、道中のペースは全く上がらない。勝ち馬の4頭が4角2番手以内で立ち回っている。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角2番手以内
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB」印上位◎○の人気馬からの選択。勝ち切らないけれども、無難に3着以内を確保してくれる要員です。勝ち馬は「後半」印入りから。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では「中」のライン。

昨年の「位置取りシート」
3_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


1番タワーオブロンドンはききょうSを快勝。上がり2位に1.1秒差で抜けて速かった。

上がり最速(上がり2位に1.1秒差)
1_2

3戦すべて上がり2位以内と堅実。

3戦すべて上がり2位以内
2_2

1400mも合っている。

レース特記=「距離○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJも信頼できる。先週から来日のC.デムーロJも複勝率は高い。

該当コース騎手成績
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

8番アサクサゲンキは小倉2歳Sで初重賞制覇。ただし、「ハイブリッド指数」が《50》に達していない。

「ハイブリッド指数」=《49》
4_3

上がりの速い東京コースもどうか。

レース特記=「時計掛○」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番タイセイプライドは先行策から抜け出して2連勝。

「ハイブリッド指数」=《44》
6_2

この馬も上がりの速い決着がどうか。

馬特記&レース特記=「芝重い○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番カシアスは洋芝で前半34秒台を刻めるダッシュ力がある。

デビュー2戦は洋芝で前半34秒台
8

前後半5傑入り。ダッシュ力が速いだけではないので、1ハロンの距離延長&長い直線も克服できるはず。

前後半5傑入り
3

9番エントシャイデンは新馬戦で上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク
9

ただし、レースラップのラスト1F12.0秒はあまり評価できない。

レースラップのラスト1F=12.0秒
10
*画像はPC版の【コメント新聞】

10番ピースユニヴァースは3戦目の未勝利を勝利。「レースレベル」=《A》と高く、重賞でも即通用するチャンスはある。

「レースレベル」=《A》
11

昨年は前後半5傑入りのモンドキャンノ、レーヌミノルで決着。

前後半5傑入りの2頭がワン・ツー
3f_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連単万馬券で8万円超えの払い戻し。

★3連単万馬券★
5111_2
3連単 160.8×500円=8万400円
購入2万2500円 払戻8万400円

今年も前後半5傑入りの好走に期待する手はある。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Photo_3

<東京11R京王杯2歳ステークスの結果>
1着.1番タワーオブロンドン(1人気)
2着.6番カシアス     (5人気)
3着.8番アサクサゲンキ  (4人気)